FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸に見るシャーロックホームズ 24

真田丸に見るシャーロックホームズ 24

今回の『真田丸』とパペットホームズの共通項はといえば、ずばりこれでしょう。

寧様のお菓子作りとハドソン夫人のクッキー作り

寧がわくさやきりに手伝わせて、秀吉の好きな生せんべいや、南蛮渡来のビスケットを作って差し出すも、秀吉はもはや食べてくれなくなっている。あれだけ苦労を分かち合って来た夫も、年老いてしまったなという寂しさが感じられる場面でした。昨年の『花燃ゆ』のように、お菓子を作れば万事すべて解決というわけには、やはり行かないようですね。

前置きが長くなりましたが、自分の愛する存在のために、心を込めてお菓子を作りたいという点、そして作るお菓子が何らかの意味を持つという点ではこの両者は共通します。パペットホームズの場合も、クッキーが発端でハドソン夫人の人となりがわかったり、221Bの依頼人にクッキーを振舞ったりしていました。寧が豊臣家の母であるように、ハドソン夫人はベイカー寮の母であるわけです。ただし、寧がきちんと手を洗ってくる(実際は、わくさがキリシタン関連の会話をしたがっているのを察して場を外す)のに比べると、ハドソン夫人の場合は、猫と遊んだ後手を洗わずにクッキーを作ってしまうという、少々大雑把なところがあるようです。

ちなみに第29回で登場した「ビスケット」というのは、当時ビスカウトと呼ばれた、ボーロや金平糖同様の南蛮菓子で、恐らくは携帯食として作られていたのではないかと思われます。実際その後も、軍隊の堅パンは英語圏でビスケットと呼ばれていて、陸軍が四角形、海軍が円形というように区別されていました。これは『花燃ゆ』の、銀姫のビスケット関連記事にも書いていますが、日本においては、水戸藩の蘭方医柴田方庵が、安政2年(1855)に、ビスケットの製法について藩に手紙を書き送っているのが史料に残されています。

そして真田家の父・昌幸の遊郭通い。先の投稿でも触れていますが、そもそもこの遊郭通いの動機は何であるのかが、何やら気になるところです。一方パペットホームズで女性と関係を持つ人物といえば、かのオルムシュタイン校長です。
「困った校長先生の冒険」では、特にこれといった理由もなくアドラー先生と奥さんに隠れて付き合い、後で結婚を断って困ったことになるわけですが、「本当に困った校長先生の冒険」では、理由があって女子生徒のイザドラ・クラインを好きになってしまい、しかもラブレターを脅迫のネタにされてしまって窮地に陥ります。一方真田昌幸は、妻からあれこれ言われるのはさほど意に介してはいないようですが、実際に吉野太夫絡みで窮地に陥るという展開になるのでしょうか。

飲み物-アイスコーヒー
スポンサーサイト



[ 2016/07/31 01:45 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud