fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  少年ホームズ/Young Holmes >  15歳のホームズ 7/15-year-old Holmes 7

15歳のホームズ 7/15-year-old Holmes 7

いくつかの記事、特に「15歳のホームズ2」で書いていますが、2人の少年と「特別な女性」との関係は、我々が考えるよりも冷淡です。妖精はピノキオがいよいよ困るまで静観の姿勢を取りますし、アドラー先生は最終回で肝心な時に姿を消します。かいつまんでいえば、彼女たちは少年たちをやすやすと甘やかさないということです。母親のような世話をする一方で、父親の役を演じているようにも見えます。でも彼らには父親的な存在であるジェペットとか、モリアーティ教頭がいるのですが。

しかしアドラー先生はビートン校に戻ってくるのでしょうか?『ピノキオの冒険』での妖精の死のように、間隔をおいてから現れることになるのかもしれません。

As I write in some articles, especially in "15-year old Holmes 2", the relation of the boys and their "special women" is cooler than we think. The Fairy adopts a wait-and-see attitude until Pinocchio becomes to be in a fix. And Irene Adler disappears at a critical moment in the final episode. In a word, they never make the boys be dependent on them easily. It seems that they play the role of father while they take care of them like mother though each boys has his own father-like existence as Geppetto or Deputy Headmaster Moriarty.

However will Irene Adler return to Beeton School? As well as the death of the Fairy in "The Advenures of Pinocchio", there may be an interval before her next appearance.

画像
保健室のドアの"OUT"、アドラー先生はなぜいないのか。(メモリアルブックより)/The sign "OUT"hung on the door of nurse's office. Why Irene Adler is out? (From Memorial Book)

スポンサーサイト



[ 2015/03/28 00:13 ] 少年ホームズ/Young Holmes | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud