fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『平清盛』DVD第三巻を観て

『平清盛』DVD第三巻を観て

久々に『平清盛』です。第三巻、内容は
第8回 宋銭と内大臣
第9回 ふたりのはみだし者
第10回 義清散る
第11回 もののけの涙
です。

*************************

保延二年(1136年)、博多にやって来た清盛は、宋からの輸入品の物珍しさに心を奪われつつも、貿易が大宰府を経由せずに行われているのを見て驚く。しかも、父忠盛までもが密貿易を行っていることを、家貞から聞かされる清盛。その一方で、藤原忠実の次男である頼長は内大臣となる。頼長は妥協を許さない苛烈な性格で、この人物がその後の朝廷を大きく揺るがすことになる。

頼長は、清盛の配下が、宋からの輸入品を扱っていることを知り、密貿易ではないかと清盛を問い詰める。しかし清盛は頼長に宋銭を突き付けながら、宋を見習うようにと反発する。そして保延五年(1139年)、朝廷では、鳥羽院の寵姫である得子が男児を出産し、その祝宴で清盛は、崇徳帝の異母弟である雅仁親王と初めて出会う。その雅仁親王こそ、様々な形で清盛と対立することになる、のちの後白河上皇、さらに後白河法皇である。

崇徳帝は即位後も常に父・鳥羽院から遠ざけられていた。また雅仁親王の方はといえば、異父兄のことなどまるで関心もなく、京の市中をうろつき、今様や踊りを好む型破りな親王だった。そして、男児出産で得子は朝廷の権力を握るようになっていた。その得子が、待賢門院の追い落としを謀ろうとする一方で、義清はその待賢門院に思いを抱き、近づこうとする。しかし彼のその行動は、堀河局と清盛とに諌められてしまう。

しかし義清は待賢門院に近づき、それが鳥羽院に露見したことで、義清は武士の身分を捨てて出家し西行と名乗る。桜の散る中、清盛に別れを告げる西行。しかも崇徳帝は、得子の策謀によって譲位し、鳥羽院と得子の皇子(近衛天皇)が幼少ながら即位する。清盛は、朝廷に信じられる人物などいないと口にするが、忠盛に結束を諭され、鳥羽院方につく。そんな折、清盛は妻の明子と連れ立って外出した。

その帰途、道に倒れていた者に救いの手を差し伸べた明子は、その夜疫病を発してしまう。しかももはや手の付けようがないほど重病となり、清盛に看取られながら、二人の子を残して世を去る。もののけといわれた清盛は、妻の死に大粒の涙を流す。

*************************

保元の乱を起こした人物とされる藤原頼長が内大臣となり、朝廷では得子が実権を握るようになって、崇徳帝を退位させ、近衛天皇即位という異例の事態に発展します。しかも待賢門院に情を寄せる佐藤義清は出家、そして、宋との貿易を目の当たりにしながら、現体制ではどうしようもないと考える清盛は、ますます新時代への傾倒を強めて行きますが、まだまだ父がいないとどうしようもない、青臭い部分がのそきます。そんな矢先、妻の明子が他界します。

ちなみに「悪左府」こと頼長役が、『真田丸』の石田三成役の山本耕史さん、佐藤義清の妻役が、稲役の吉田羊さんですね。頼長と三成は結構似通ったところがありますが、義清の妻と稲姫とは、かなり違った役どころです。
スポンサーサイト



[ 2016/06/20 19:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud