fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸に見るシャーロックホームズ 16

真田丸に見るシャーロックホームズ 16

第20回「前兆」、大坂編の大部分がこれに相当するかと思います。無論三谷さんの脚本である以上、『古畑任三郎』的でもあり、また『相棒』的でもある。平野長泰が「なんでこんなことしなきゃならないんだ」と不満そうに口にするのには、神戸君が相棒だった頃、証拠品を山間の町まで返しに行って「特命てこんなことまでやるんですか?」と言っているのにそっくりです。捜一のイタミンも時々こんなこと言っていますね。それに対して信繁が、これはこうだからああでこうで…と、現場に残された証拠品を示しながら説明して行く辺りは、正に古畑任三郎であり、杉下右京であり、シャーロック・ホームズであるかと思われます。

しかし馬廻衆黄幌隊は、いつ見てもこの二人しかいないように見えますが、あれじゃ本当に特命であり、ベイカー街221B(パペットホームズはベイカー寮221B)です。そして、これは先日も指摘していますが、両名の服装の色使いが、パペットホームズのホームズとワトソンの服装を連想させます。偶然かもしれませんが…あるいは、偶然でないのかもしれません。信繁のテーマカラーが青または紺であることから、何かしらホームズにダブるものがありました。こちらがドラマの信繁(向かって左)と平野、そして三成ですが
キャプチャ3  
(公式サイトより)

何となく色使いがこの両名に似ています。

Holmes and Watson 2

さて肝心の事件ですが、その晩見回りをしていた門番たちのうち、一人が体の調子がよくなくて帰ってしまいます。この男道休は元々乱暴者で、実は自分の番の時に酒を飲んでいたのでした。その隙に誰かが落書きしたものと思われますが、あるいは道休本人が書いた可能性もあります。信繁と平野は、道休が庇護を求めて駆け込んだ本願寺に行きますが、当然門前払いになります。仕方なく三成が病気の秀長に頼み込んで一筆書いてもらい、やっと事情聴取が可能になりますが、道休は「自分はやっていない」でした。しかも彼は字が書けなかったのです。

この辺はパペットホームズ「愉快な四人組の冒険」で、「俺は楽譜が書けねえ!」と言ったジョナサン・スモールを思わせます。それぞれの立場や環境は全然違いますが、平穏な世の中になって刀も取り上げられ、行き場を失って門番となったものの、かつての生活が忘れられない道休と、トレジャーズのメンバーを外されたうえに自分の曲を取り上げられ、仕返しとして寮の部屋からその曲の楽譜を盗み、楽譜なんていくらでも書けるよというワトソンに、そうなれば俺は何度でも盗むと言うジョナサン・スモールには、どこか共通するものがあります。道休の不幸な点は、スモールにとってのホームズやワトソン、さらにメアリーのような理解者がいなかった点でした。

結局門番たちは道休を除いて磔刑となり、道休も酒のせいで?体を壊して同じ頃に亡くなります。こればかりは信繁はおろか、三成にもどうすることもできませんでした。取り返すべき肖像画をミルヴァートン先生に破かれたホームズのような心境ともいえますが、無論こちらの方がずっと重いです。結局、信繁が道休に罪をかぶってもらうことを決め、死人に口なしというか、終わりよければすべてよしというか、生きていても役に立たないと言った道休が、思わぬことで死んでから役立つことになるのです。

そしてこの結末は『緋色の研究』(パペットホームズでは「最初の冒険」)の結末にもちょっと似ています。元々『緋色の研究』では、ドレッバーとスタンガスンを殺した容疑者のホープが獄中で亡くなり、迷宮入りとなるかに見えるのですが、ホームズの尽力もあって事件の本筋が分かり、レストレードが表彰されることになります。パペットホームズでは、ホープは退学になるものの、後にホームズたちは、彼に思いがけない恩恵を受けることになり、そして『真田丸』では、道休の首によって円満解決を図り、秀吉は一度は縁者まで洗い出せというものの、寧にたしなめられて、何とか事態が収まることになります。

この道休の首を獲る時にためらう信繁を見て、代わってやる大谷吉継がまたいい。如何にも手慣れた振る舞いで、『真田丸』の準主役、脇役の男性には、セクシーというよりは「色気」を漂わせる人が多いなと改めて感じます。しかしここまで推理ドラマ仕立てにしたのであれば、落首を、『踊る人形』的な暗号仕立てにしてもよかったかと思わなくもないのですが、流石にそれだと大河ではなくなりますね。
飲み物-アイスミルクティ
スポンサーサイト



[ 2016/05/28 01:30 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud