fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  応天の門 >  『応天の門』京に妖の夜行する事二

『応天の門』京に妖の夜行する事二

都に百鬼夜行が現れるという噂が立ちます。検非違使たちも恐れをなして警備に付きたがらない中、責任者の在原業平は、道真の影響もあってなのか、百鬼夜行そのものの存在を疑います。そして、最近業平との交際が途絶えている道真はその存在を否定し、自邸で紀長谷雄と漢詩の暗誦をやっていたのですが、その道真の家の屋根に鬼が現れます。

*************************

藤原常行(ときつら)の下僕が見た鬼の正体は道真だった。物の怪の行列が近づいてくるから邸内に入れてくれ、怪しい身分の者ではないと頼まれ、道真は仕方なく玄関先に、常行と気を失っている供の梵丸を入れる。しかし当の道真は、隠れようとはせず、かなたから聞こえてくる百鬼夜行の証拠を取ろうと地面に水を撒く。常行に諭されて門のうちに入るものの、道真の目は行列の様子を観察していた。総勢十名ほどで、黒い服装で顔を隠しているものの、正体は人間であった。

しかし言葉は異国のもののようだった。行列が行き過ぎて後、常行は礼を言って梵丸と菅原家を後にする。翌朝紀長谷雄は行列のことを道真から聞き、見なかったことを嘆く。そんな長谷雄に道真は、あれは物の怪ではなくきちんと証拠を取ったといい、水を撒いてできたぬかるみについた足跡、あるいは牛の糞などを長谷雄に見せる。また臭いからして、鬼火も何かの演出だとも言う。そんな長谷雄は足跡がやけに大きいことに気づいていた。

そして常行が帰宅すると、乳母がひどく心配していた。良房のもとに出向いて、異国の剛力の者の力を借り、物の怪を鎮めようと考えていたと言う。常行は、基経から物の怪が出るため自重せよと言われたのを思い出していた。その場を取り繕った常行は、基経の言葉は讒言かと思っていたが、本当にその者たちを使っていて、その結果自分は殺されたかもしれないと思いを巡らす。

そんな折、昭姫のもとを業平が訪れた。昭姫も例の噂のせいで、自分の商売に影響が出ていると言う。また、港の荷受け場に、迂回して離れたところに船をつける怪しげな集団がいるとも言い、恐らくは検非違使が警備に付きたがらず、守りが手薄になっている状態を狙っているとも思われた。そして昭姫は、数日前に道真が来て強い酒と銅を所望したことを告げ、困ったことがあれば、道真様に知恵を借りてはどうかと促す。

次の子の日、また屋根の上で待機する道真に常行が話しかける。前は童形で来ていた常行だが、道真は簡単に見破り、童子姿で一流の木曽馬に乗って許されるのは、余程の地位があるか、あるいは余程の馬鹿だといい、さらにこう加える。
「あなたはどっちにも当てはまりそうですけど」

さらに常行から、自分が手にしている青白い炎の正体を訊かれた道真は答える。
「これは鬼火の正体ですよ。強い酒に銅を混ぜた物に火をつけると、青い炎になる」
常行は、夜行の正体を明かそうとしているのなら止めに来たと言うが、道真はあれは物の怪でなく人間だと主張する。常行はこう返す。
「相手が人間なら、安全だとは思っていまいな」

そこへ男の悲鳴が聞こえた、夜行に行き当たって、集団の者から命を狙われそうになっていたのを、常行が自分の馬で逃がす。そして彼らは、この集団が皆体が大きく、異国の言葉を話していることがわかる、常行は道真に言う。
「お前は頭がいい。だが夜目が利きすぎると、余計なものまで見てしまうぞ」
そうしてその場を後にするが、常行も道真も、自分に何の害も及ばなかったのは、相手に原因があるのかと考えていた。

夜行の列は基経の屋敷にたどり着いていた。基経はこう口にする。
「目立つことが目くらましとは考えたものよ、都大路を走っても目を背ければ、誰も見ていないのと同じ」
基経が車で運ばせたものは、「後々大事を成すもの」であり、それを運んだのは、何と宣来子の父である島田忠臣だった。

*************************

都を騒がす怪しげな夜行の正体は、どうやら藤原基経が仕掛けたもののようでした。しかもそれに島田忠臣が噛んでいたことで、道真にも影響が及んできそうです。この先どのような事件が起き、そして道真、業平、そして常行はどのようにそれに絡んで行くのでしょうか。また、昭姫が口にしていた怪しげな集団の正体は何なのでしょうか。彼らもあるいは、この基経の仕掛けに関与しているのでしょうか。
スポンサーサイト



[ 2016/05/26 02:00 ] 応天の門 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud