fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸あれこれ その14

真田丸あれこれ その14

まず『真田丸』のブルーレイ及びDVD「完全版 第壱集」が7月に発売予定です。特典やブックレットもついているようで、これは期待できそうです。

三谷幸喜・脚本 NHK大河ドラマ「真田丸」BD&DVD完全版が7月よりリリース
(PONY CANYON NEWS)

では今週のあれこれです。秀吉と思いがけない初対面を果たした信繁は、秀吉共々福島正則が持参した着物に着替え、3人で城下の遊郭に出かけるのですが、ここで大酒飲みの正則が手にしていた特大の升が、後の太閤検地のシーンの伏線となります。しかし気の毒なのは上杉主従、2日待たされたことになります。やっと翌日目通りがかなうことになって、これで真田のことはまかせておけと、景勝は意気揚々たるものだったのですが、官位の授与と本領安堵を約束される一方で、真田に加勢するなと釘を刺されてしまいます。

これも上杉家のためと進言する直江兼続ですが、景勝は悩みます。しかし秀吉が、景勝が謙信の実子でないのを知らなかったというのには驚きです。尤も真田家でも、秀吉のことはさほどに知らない風ではありましたが。そして茶室のシーン、先日の「真田丸とシャーロックホームズ 11」に書いていますが、加えて秀吉のセリフがまた意味深です。信繁が初めてお目にかかりますと述べると、昨日会ったではないかと遊郭通いを持ち出します。

さらに、上杉殿より先に会ったというのは失礼だから黙っていたのだろう、心の優しい男よとまで言い、既に信繁は自分がもらい受けたといわんばかりの姿勢です。お屋形様は針のむしろに座るが如き心境だったかもしれません。わざわざあの場に信繁を呼びつけ、茶を振舞うわけでもないのに、入口付近に張り付かせるようにして同席させたのにも、恐らくはこういう企みがあってのことでしょう。「今までの生涯で一番苦い茶」の意味を、信繁は察したのでしょうか。

その信繁が、秀吉の遊郭通いに付き合わされた=気に入られたのを知り、石田三成は今までの信繁への態度を軟化させて、未来の岳父の大谷吉継に引き合わせます。その最中に加藤清正が来訪し、信繁は吉継と2人切りになり、関白殿下は気に入った若者はそばに置きたがると警告されます。「苦い茶」共々、この言葉も信繁の将来を暗示するものといえそうです。しかし、愛之助さんの吉継いいですね。この大河は本当に、準主役や脇役にそれなりの俳優さんを使っているなと思います。

その前に信繁は、父への手紙を書いていますが、「御屋形様」とあるところから、上杉景勝が、真田のことを秀吉に伝えてくれると書いているのでしょう。この辺も何やら暗示的です。そこへきりが落雁を持って入って来ますが、信繁にほっといてくれと言われると、自分一人で食べ始めます。きりは何か食べてる時間が結構多いようですね。その後秀吉の甥の孫七郎秀次に、寧(北政所)に枇杷を渡されるように頼まれ、しかも秀次はきりを見てまんざらでもない表情を浮かべます。何やら、秀次がきりに恋心を抱きそうな予感です。

一方信繁は、秀吉や茶々と一緒に天正カルタに興じます。裏返した札をひっくり返し、同じ絵が出たら勝ちという遊び方で、「神経衰弱」に似ています。信繁は検地に関しての質問にもよどみなく答え、カルタもどんどん勝ち続けるため、秀吉はよけいに気に入ったようです。その一方で、茶々は次の間に控えている侍と目くばせをしたり、ちょっと落ち着かない雰囲気でもあります。その後信繁は秀吉の家族や、子飼いの武将たちの団欒の場にやって来ます。そこには少年時代の小早川秀秋(可愛い)も、またきりもいました。一見和やかな団欒ですが、その後のことを考えるとこれも暗示的です。

しかしきりは姉御肌というか、どこか女子マネ的なところがあります。茶室に招待された信繁の着替えを手伝って、「習うより慣れろよ!」と送り出すところなど、正にそうであるかと。

飲み物-アイスミルクティ
スポンサーサイト



[ 2016/04/24 01:15 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud