fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  当時の視点で描くべきこと

当時の視点で描くべきこと

大河ドラマの中には、しばしば現代的視点で描かれているような作品もあります。昨年の『花燃ゆ』もそういうところがありました。やはり大河、ひいては歴史ドラマや時代劇は、本来は極力その当時の視点で描かれるべきものでしょう。無論そうはいっても、全くその時代の視点だけで描くと、今そのドラマを観ている視聴者に訴えかけられない部分も出てくる恐れがあります。そこで、適当に現代風味をも混ぜる必要があると思われます。

しかしこのさじ加減は結構難しいといえます。『花燃ゆ』も『天地人』もそうですが、あまり現代風味が強いと、歴史ドラマの旨味が損なわれてしまいます。しかも戦国時代を描く場合には、江戸時代とはまた違った描かれ方をしないといけません。これは以前に似たようなことを書いてもいますが、たとえば戦国の夫婦関係と江戸後期のそれとは、かなり異なっています。戦国時代には夫婦はそれぞれの独立性が高く、妻は実家のために尽くすこともしばしばで、また所謂内助の功的なものも、江戸時代になって作られた概念といわれています。

しかしかつての戦国物には、大河であっても、そういう江戸時代的な倫理観や生活習慣が盛り込まれていることもあります。そうした方が受け入れられやすいというのもあるのでしょう。しかしそれが定番となってしまうと、史料に則ったかたちで戦国を描いた場合、かなり食い違う部分が出て来てしまい、その点に違和感を覚える人も多いだろうと思います。なかなか難しいところではあると思いますが、やはり当時の視点に近づけた方が、その時代の人物の行動形態がわかりやすいのも事実ではあります。

さて『真田丸』第14回「大坂」では、信繁が春日山に戻り、上杉景勝の上洛に同行して、大坂城を目の当たりにします。父昌幸はその知らせを聞いて、早速信繁に豊臣の様子を探らせようとします。それが兄信幸を不機嫌にさせてしまうわけですが、昌幸にしてみればチャンスは逃すべからずというわけで、今まであまり聞いたことのない豊臣秀吉という男が、どのような人物であるか、その情報を得たいというのは当然のことでしょう。

しかし、今回一番気の毒な存在であったのは、その豊臣に寝返った石川数正です。この寝返りも、昌幸が仕組んだという設定になっているわけで、彼もまた真田昌幸の被害者となってしまうわけですが、どのような過程を経てそうなったのかについては、次回で詳しく。

飲み物-アイスミルクティ
スポンサーサイト



[ 2016/04/11 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud