fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  真田丸「人質」と天地人「真田幸村参上」との比較 続き

真田丸「人質」と天地人「真田幸村参上」との比較 続き

先日アップした『真田丸』と『天地人』の続きです。『天地人』ではその後上田合戦となって、幸村を一度信濃に帰します。この場合は兼続が大いに賛成したという展開になっていて、正に『真田丸』の逆です。本当は、その上田合戦をもうちょっと詳しく描いてほしかったのですが。ともあれ徳川に真田は勝ちますが、この時点で既に赤備えになっています。しかしあれは大坂の陣限定だったように思いますが…。それと兜をかぶっているはずなのに、髪を下ろしていないのも何か違和感があります。

しかもその後幸村は、春日山城にではなく直江屋敷に戻り、兼続を「義」の教師と仰ぎ、しかも兼続と妻のお船が、上洛前に景勝と共に上田庄を訪れる時には留守番までしています。しかし幸村て「人質」ですよね。その人質が相手の家臣の家にいて、勝手に弟子を決め込んで居ついている、これではスパイ活動をしていてもわからないと思うのですが。そもそも忍びの者が人質の話を持ってくるのも変な話です。『真田丸』の直江兼続なら問答無用で斬り捨てているでしょう。

それから『天地人』の真田昌幸ですが、演じているのは岩松了さんです。結構ずんぐりした感じで、その辺りのおじさんのように見えてしまいます。『真田丸』の草刈さん演じる昌幸に慣れたせいか、今一つ策士、第12回「人質」の直江兼続の言葉を借りれば、「日の本一の面の皮の厚さ」を持つ人物に見えないのが残念です。そしてここにも初音がいるのですが、彼女が何のためにいるのかよくわからない。この戦のために情報収集したといった感じでもなさそうです。そして上杉家の上洛の日を迎えますが、ここでやっと幸村が大紋直垂を着て登場します。これ、最初の景勝への挨拶のシーンで着ていてほしかったです。しかしどうも人質というより、直江家に仕官したように見えてしまいます。

それ以外にも、景勝、兼続、そしてお船が上田庄に行った時に、子供時代に景勝がよく引きこもっていた書庫が登場します。ここで兼続とお船が、如何にも引き戸が開かなさそうなふりをして、景勝をしばらく一人きりにさせるわけで、これは2人の計らいと摂れなくもないのですが、その後がやけに子供時代の回想だらけになってしまっている。そういえばあの時与六(兼続)が来てくれて、言葉かけてくれて…のような展開になるのですが、加藤清史郎君が人気があったとはいえ、ちょっと子役シーンに時間かけすぎです。もう少し別の話題で尺を稼げばいいのに。

またその前に、夫婦で揃って夕食を摂っている場面が登場します。お船が火鉢の上の鍋から、汁物を椀に注いで渡していますが、この当時こういう習慣はあったのでしょうか。あと兼続が襟巻をしているのも、既にその当時は当たり前だったのでしょうか。そしてお船も、羽織とも打掛とも取れるような着物を羽織っていますが、『真田丸』の祝言のシーンで婆様がこういうのを着ていたから、恐らくは礼装または防寒用なのでしょう。また「愛」の兜を決める時に、兼続がああでもないこうでもないと、思いつくまま字を書き散らして、その中からお船が、これはいいではありませんかと「愛」を選ぶシーンがあります。しかし個人的には、兼続に自分で決めてほしかったような-元々は愛染明王または愛宕信仰由来ですけどね。

何もかも史実でがんじがらめにしろとはいいませんが、もう少し気を使ってほしいというシーンが結構あります。一応歴史考証は小和田哲男氏だったようです。

飲み物-ドリップコーヒー
スポンサーサイト



[ 2016/04/01 00:50 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud