fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸-12

真田丸-12

では第12回「人質」のあらすじです。信繁が上杉景勝の元へ人質として行くのみならず、梅の妊娠と出産もあり、いっぽう昌幸への刺客作戦が失敗した家康は爪を噛んで、阿茶局にたしなめられます。

*************************

室賀正武を返り討ちにした昌幸は、小県を平定した。そして信繁は上田城の櫓で、きりに祝言の夜の言葉の礼を述べた。この先を決めかねていた信繁だが、きりはどこまでもついて行くとおどけたように答える。一方家康は小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉に実質勝利したものの、真田への刺客作戦の失敗により、北条への沼田領を取り戻そうとしていた。もし北条を敵に回せば、西に羽柴、東に北条とという強敵のはざまで、窮地に陥ることになるからだった。家康は真田が上杉につくことを考え、先手を打とうとする。

実際昌幸は何度も上杉に書状を送っていたが、期待するような返事は得られなかった。背後を突かれないためにも、上杉とは友好関係を取り戻したかったのだが、ならば人質を送るようにといわれてしまう。そこで信繁に白羽の矢が立った。信繁は父昌幸とはしばらく離れたいと考えており、また人質だからこそできることもあると口にする。さらに、上杉景勝という人物に好意を持っていることから、生まれてくる子の顔を見るためにも生きて帰ろうと決意して、三十郎と旅立って行った。

信繁に、もしもの時には、立派な真田の男として子を育てるようにいわれた梅だが、実は彼女もまだ妊娠を確信していなかった。しかしそう言わないと、信繁がいつまでも決心しないと考えており、これはいわば梅の策であった。きりはそれを聞いて驚く。そして信繁と三十郎は春日山城に到着するが、城には陳情に訪れた漁師たちが数多くいて、信繁たちは、漁師の治兵衛と又吉の次に、景勝に目通りを許されることになった。

景勝はかつて春日山城を訪れ、薙刀部隊に囲まれつつも自らを主張してみせ、また先代の謙信が唱えた「義」の戦いを、戦芝居によって実現した信繁に好感を抱いていた。義を忘れた人物はどうなるのかと問う信繁に、景勝は織田信長を例に挙げ、死に方は生き方を映す鏡だと教える。しかし上杉家の家老、直江兼続は、沼田城は元々上杉のものであるとして返上を迫り、父昌幸の書状で信繁はそれを知る。もっとも景勝自身はそれには関与しておらず、兼続に掛け合うと約束する。信繁は、真田の本気度を示すために、兼続がわざとこのようなことをしているのではと疑うが、景勝は、その用心深さが上杉を支えて来たのも事実であることを認める。

その後、景勝が話を聞いてやった治兵衛と又吉の判決が、まだなされていないことがわかる。景勝は漁民の言い分を聞くものの、その処理が戦続きのせいもあって追いつかない。しかも兼続は沼田城を渡さないのであれば、真田と同盟する必要はないとまで言い切る。そんなある日、春日山城から外を眺めていた景勝は、信繁に、直江津の港をかつての姿に戻したいと話し、三十郎共々馬で城下に出る。しかしある神社の前で、治兵衛と又吉がまたもめているのを見て、信繁と三十郎は馬を下り、景勝に顔を隠すように自分の笠を渡す。

2人は鉄火起請、つまり赤く焼けた鉄の塊を手で持ち、指定された位置まで運ぶことでの決着をつけようとしていた。しかしこれでは正しい裁きは得られないと信繁は言い、それに反発する奉行に、ならば私とあなたでやってみようと持ちかける。そして、信繁が鉄の塊を持とうとした時、景勝が進み出る。お屋形様直々の登場に一同は驚くが、これは自分に責任があること、そして治兵衛と又吉が漁でもめている件にも解決策を与え、2人を大いに喜ばせた。景勝は国づくりや兵の育成のためにも、民の声を聞くことが大事であると悟り、信繁のような息子がいればと望むようになる。上杉と真田の同盟は結局うまく行き、沼田と小県は真田領として認められた。

しかし真田から手を切られた家康はこれに怒る。自分に味方していた真田があっさり裏切ったため、いわば、自分の金で敵に城を与えたようなものだったからだ。すると阿茶局がこう口にする。
「お潰しになっては如何です?」
家康は、鳥居元忠率いる兵を上田城に向かわせた。上田合戦の始まりである。その上田城では、梅がすえという女児を出産し、その一方で人質ながら父や兄の加勢を許され、しかも少人数ながら上杉の援軍を得ることができた信繁は、三十郎と共に海津城へ急ぐ。

*************************

上杉へ人質として赴くものの客分の扱いを受け、しかも景勝からはかなり気に入られると同時に、自分の子供も誕生して、人質ながらかなり充実した日々を送る信繁です。しかし家康にしてみれば刺客は殺されるわ、自分が建てたはずの上田城が、自分に矛を向けるための真田の砦となってしまうわ、しかも上杉と手を結ばれるわで、結構散々な目に遭ってしまいます。そこへ阿茶局の「潰してしまえば」は決定打となったといっていいかもしれません。しかもその上田で昌幸に策を弄され、徳川軍は窮地に陥ってしまうことになります。

しかしこの温厚な景勝と切れる兼続のコンビは本当にいいです。この2人を主役に、『天地人』リメイクは無理でも、スピンオフを作ってほしいほどです。そういえば以前『天地人』の真田幸村に関して書いたことがありましたが、もう1度この回と比較したうえで書くかもしれません、とにかくあまりにも違いすぎますので。
スポンサーサイト



[ 2016/03/29 01:30 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud