fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマ徳川家康を観て

大河ドラマ徳川家康を観て

1983年の大河ドラマ『徳川家康』の大坂冬の陣の回を観てみました。当然といいますか、省略されているとはいえ、ちゃんと「真田丸の戦い」も出て来ます。真田幸村(信繁)を演じているのは若林豪さんですが、この方は『独眼竜政宗』でも幸村を演じています。この若林さんとか、『天地人』の城田優さんなどのワイルド系幸村と比べると、堺雅人さんの信繁はやはり優男系の印象です。

あくまでも徳川方の観点ではありますが、冬の陣での真田丸の戦い、和議の後しばらくは鎮静化した大坂方が、その後ふたたびくすぶり始め、そして和議に不満を持つ幸村が「この戦いに男の意地を掛ける」と言うシーンはなかなかいいです。何にも大河らしいともいえます。その割に秀頼が頼りなさすぎで、淀殿が実際の権力者であるといえそうです。山岡荘八氏が原作ということもあるのでしょうが、このあたりは従来の見方を踏まえているように取れます。欲をいえば史実重視の展開に加えて、もう少しお遊び的要素があってよかったかも。あと話の展開が、やけに速い印象があるのは惜しまれるところです。

ドラマそのもの以外の印象としては次の通りです。
  • OP音楽が冨田勲さんであるため、かなり勇壮ではあるがどことなく地味な印象
  • 徳川家康を演じているのが滝田栄さんなので、いわゆる狸オヤジ風ではなく、むしろその逆を行くような長身痩躯の家康公となっていて、黄門様のように見える
  • また、これも舞台の多い滝田さんゆえか、家康が70代という設定の割に、声に張りがありすぎるように感じる
  • 局アナによるナレーションがやけに早口に聞こえる
  • クレジットの出演者やスタッフの書体が『真田太平記』のそれと多分同じ、もちろん字幕で登場する書体も同じ。これが1983年、そして『真田太平記』が1985年から1986年であることを思えばうなずける。『真田太平記』の方は大河でなく新大型時代劇であったが、NHKがあれを制作放送したのは、この『徳川家康』を大坂方から見たらどうなるのか、そういう意図があったようにも見える
よくも悪くも、これぞ昭和の大河ドラマといった印象が強いです。ところで字幕で思い出しましたが、『天地人』の登場人物の字幕に登場する固有名詞が、ことごとく振り仮名つきなのは如何なものかと思います。
飲み物-本とウイスキー
スポンサーサイト



[ 2016/02/11 19:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud