fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  天地人と江、花燃ゆの共通点 続き

天地人と江、花燃ゆの共通点 続き

実は先日、『江』のDVD第一巻を観ました。この作品は殆ど観ていないに等しいので、初めて観たようなものなのですが、しかしはっきり言って驚きの連続ですね。どのような点に驚いたかと言いますと、

  • お市と長政が婚礼前なのに2人きりで話している
  • 信長が小谷城に来た時、お市が意見しまくる
  • 物見櫓にお市が灯りを持って上って来る
  • 足利義昭が小谷城にいるという設定だが、あまりにもお馬鹿すぎ
  • お市がお腹の子(実はそれが江)を流そうとしているのを茶々が知っている。しかもそのための薬を飲もうとしている時に、茶々が初や侍女たちと部屋に入って来てそれを制し、さらに赤ん坊を流すのなら、自分も初も死ぬと言って妹の首に刀を押し当てる
  • 江が生まれた時点で、父の長政が江を抱いて物見櫓に上る。その時織田と浅井の両軍に赤ん坊の声が聞こえ、自然に休戦状態になる
  • 第2話で、幼い江が秀吉に突っかかるシーンが出て来る。しかし童女ならともかく、既に大人の女優が演じているため、痴話喧嘩に見えてしまう
  • いくら戦国時代、しかも織田信長の城といえども、信長が畳にいきなり刀を突き刺したり、また突然槍が突き刺さったりする
  • 信長が直垂姿なのに烏帽子をつけていない
  • 秀吉がやたらにお市を意識する

ざっと書き出しただけでもこれだけあります。特に茶々が刀を初に向けるシーンには引いてしまいます。確かにドラマであるため創作も必要ですが、その創作が異次元世界の出来事のようであることが多く、このへんも『花燃ゆ』を連想させます。しいていえばこちらの方がファンタジー色が強く、『花燃ゆ』の方が暗めの印象があるといった感じでしょうか。実はあと1話残っているのですが、観るべきかどうするか思案中です。

それから『天地人』ですが、本能寺の変後清須会議が開かれ、さらに天下人となった秀吉が上杉景勝のもとを訪れます。しかしこの時の秀吉がまた、真昼間から遊女相手に酒を酌み交わすようなエロ親父風に描かれているのに加え、石田三成の格好が如何にも珍妙です。白地に濃紫をぼかしたような裃姿で、月代は剃っているけれどわざと一方の鬢をほつれさせ、髷は結わず後ろで髪を束ねているといういでたちです。『風林火山』の上杉謙信に影響されたのでしょうか(笑)。何だか傾き者のようです。
また真田幸村(『真田丸』風にいえば信繁)が人質として上杉へと送られますが、この幸村は小袖に袴の普段着のまま景勝に目通りしています。せめて裃か素襖を着るべきでしょう。幸村は上杉家ではてそれなりの待遇だったようですが、いつも槍を持ってその辺りをうろついているため、仕官口を求めている牢人に見えてしまいます。そもそも、ここまで自由に動き回れたのでしょうか。
スポンサーサイト



[ 2016/01/31 01:20 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud