fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  天地人と江、花燃ゆの共通点

天地人と江、花燃ゆの共通点

それから『天地人』についてです。OPについては前に書きましたが、1つ追加しておきます。兼続が「愛」の旗印を持って田んぼに入って行くシーンは、果たして必要なのでしょうか。

本編について。今回観たのは御舘の乱に至る上杉家の跡目争いと、その後の本能寺までですが、一応男性が主人公で、しかも戦国時代が舞台であるにもかかわらず、肝心の主人公より周囲の女性たちに重きを置いた描写なのが気になります。それも『風林火山』の今川義元と寿桂尼のように、何らかの功績がある女性であればそれもありです。しかし、一応著名な女性たちではあるのですが、何もここまで出さなくてもと思うことしばしばで、ならば肝心の樋口(直江)兼続や、主の上杉景勝をもっと出せばいいのです。それとやはり戦闘シーンが今一つです。御舘の乱なんて、もっと双方の思惑がうごめく世界であると思うのですが、これなら女性が主人公の『八重の桜』の会津戦争の方が、よほど迫力があります。あといくら泣き虫与六とはいえ、主人公や女性たちがすぐ泣く。これは『花燃ゆ』もそうでした。

織田軍が攻め込んだ魚津城の戦いにしても、戦闘にふさわしい緊張感があまり感じられず、昔話などをしているシーンは疑問に思えます。それと忍びの者の情報が、景勝の元に同時に来るのも偶然すぎです。要は、織田軍が方々から兵を撤退させているという知らせがほぼ同時に入り、その直後に本能寺の変が知らされるのですが、せめてこの間にはもう少しタイムラグをおいて、景勝が考えあぐねるところを演出した方が面白かったと思うのですが。それから御舘の乱の後、上杉景虎と菊姫が彼岸へと旅立ったり、本能寺の変で信長が謙信の幻を見たりするシーンも変にファンタジー的で、少女漫画のような印象を受けます。やはりというか、小松江里子さんの脚本には、このような傾向が少なからず窺えます。謙信といえば、毘沙門天を祀った岩屋がどうにも張りぼて臭かったです。そもそもあれは史実ではないようですね。また信長のそばに常に初音がいるのも不自然でした。

この『天地人』が抱えた問題は、そのまま『江』に引き継がれたような感じになっています。私はこれを観ていませんが、実際観た人に訊いたところ、それに近いものはあったようです。その『江』が抱えた問題が、今度は『花燃ゆ』でさらに問題化したといえそうです。『江』の脚本も女性ですが、こちらは小松さんではなく田渕久美子さんです。そして『花燃ゆ』も、小松さんの前に3人脚本家が変わりましたが、この3つの作品には「女性を前面に押し出し、史実に則らない脚本」という共通点があります。前出の少女漫画的展開というのも共通しています。この問題もそろそろ解決されてしかるべきでしょう。

『天地人』の視聴率は20パーセント超えもありましたが、『篤姫』の視聴層が翌年も観たからというのが大きいでしょう。大河ドラマの視聴率は、当初は前の作品から引き継がれて行く格好になります。それを考えれば『真田丸』は、『花燃ゆ』の視聴率が振るわなかった割に健闘していると思えますが、これはやはり前作への反動が追い風になっているのかもしれません。

飲み物-本とウイスキー 
スポンサーサイト



[ 2016/01/26 01:09 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud