fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『北九州音頭』

『北九州音頭』

先日北九州関連の投稿をしていますが、昭和の時代、江利チエミさんという歌手の方がいました。歌手のみならず、女優やタレントとしても活躍し、かの高倉健さんと結婚していたこともありますが、その後離婚し、昭和57(1982)年に45歳の若さで亡くなっています。

その江利チエミさんが、昭和38(1963)年発売の『北九州音頭』という曲を歌っています。この年は北九州市が誕生した年ですが、かつての夫だった高倉さんが、北九州市に隣接する中間市、江利さん自身のお父様が筑豊地方の田川市出身ということも関係しているのでしょうか。またお母様は元女優で、『ブギウギ』の主人公福来スズ子のモデル、笠置シズ子さんと共演したこともある由。

まず動画を探してみたのですが、1つこれはいいと思ったのが、他のサイトでの再生が無効化されているため、そのリンクだけを置いておきます。

何と言うか、如何にも昭和の歌謡らしいノリがあります。
歌詞は下記リンクからどうぞ。

北九州音頭 歌詞
(J-Lyric.net)

1番から4番まであり、1番は北九州全般(時代的に、かつての八幡製鉄所が勢いがあった頃でしょう)、2番が小倉と戸畑、3番が八幡と若松、4番が門司の紹介になっています。
2番には祇園太鼓が登場し、その後「夜宮帰りか提灯やまね」と続きます。これがちょっとわかりにくい人もいるかも知れませんが、恐らく戸畑区にある夜宮(よみや)公園で、8月15日に行われる盆踊りの際の山笠運行のことでしょう。その後の「更けりゃ河童も浮かれ出す」とあるのは、やはりこの戸畑で作られる河童凧のことか、あるいは若松区の高塔山公園の河童祭りと思われます。

夜宮の盆踊りについてはこちらをどうぞ。リンク先にもありますが、神仏習合のひとつの例で、祇園神は元は牛頭天王であると記されています。この牛頭天王は神仏習合的な見方では、素戔嗚尊のことであると言われています。その素戔嗚尊は京都の八坂神社の祭神であり、祇園太鼓の小倉の八坂神社はもちろん、博多祇園山笠の櫛田神社もこの神を祀っています。
(尚『風花帖』に登場する素戔嗚神社は、八坂神社のことと思われます)

戸畑の山笠 その5
(北九州市 時と風の博物館)

この戸畑祇園大山笠は提灯大山笠とも呼ばれ、夜のを実際に見たことがありますが、なかなかきれいで、博多祇園山笠とはまた違った趣があります。この山笠は、昼は幟で装飾されたものが練り歩き、夜は多くの提灯を台座に載せて、人々が担いで行くものとなっています。

戸畑提灯大山笠
戸畑祇園大山笠(Wikimediaより)

さて3番です。
皿倉山、溶鉱炉、若戸大橋などが登場します。皿倉山とは、八幡東区にある標高622メートルの山で、市街地からもよく見えます。そして溶鉱炉、これはかつての八幡製鉄所を意味しているのでしょう。さらに若戸大橋ですが、洞海湾を跨いで戸畑と若松をつなぐ橋で、ちょうどこの曲が出た頃に開通しています。

どうも戸畑区つながりの画像ばかりになってしまい恐縮です。先日リーグワンで、リーグ戦100トライ目を挙げた山田選手が子供の頃、戸畑区の鞘ヶ谷(さやがたに)ラグビースクールでプレイしていたのも、あるいは関係しているのかも知れません。

若戸大橋ライトアップ2
若戸大橋(北九州観光情報サイトぐるリッチ北Q州)

そして4番。「海のトンネル」というのは関門トンネルのことでしょうね。この頃はまだ関門橋がない時代で、鉄道と国道の関門トンネルは、九州と本州をつなぐ重要なルートであったと思われます。もっと言えば、山陽新幹線が九州まで走っていない時代でもありました(と言うか、当時は東海道新幹線がまだ開通していませんでした)。

ところでこの江利チエミさん、『黒田節』も歌っています。ウィキのページを見る限り、他にも『おてもやん』など民謡系の歌唱も多いです。『おてもやん』と言えば、くまモンが踊っていたことがありましたね。
(2024年1月14日一部加筆)

飲み物-トディ2
スポンサーサイト



[ 2024/01/14 05:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud