fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  どうする家康 >  『どうする家康』第46回に関しての武将ジャパンの記事について-1

『どうする家康』第46回に関しての武将ジャパンの記事について-1

第46回に関する『武将ジャパン』大河コラムについてその1です。


千姫は絵を描くのが好きだった……。
しみじみと思い出す家康が、いかにも孫思いの良き爺さんという表現なのでしょうが、筆でも絵は描けるし、普段は筆で描いていたはず。鉛筆だからって思い出すものでしょうか。

阿茶局は「(鉛筆で)絵を描くのも面白そう」と言っており、絵という言葉から、絵を描くのが好きな千姫を思い出したとしても、別に不思議はないと思いますが。この場合「鉛筆だから」というのは関係ないのでは?

それより気になるのは、鉛筆でも筆でも持ち方があまり変わらないところ。さらには「お千」という文字です。
崩字で「於千」ではいけませんか?
普段、筆を使っているならば、崩字でそう書いた方が自然であり、「於千」のほうが見栄えもよいでしょう。
それを鉛筆で下手くそな楷書というのは情けない。

まず、言わでものことですが、ここで家康は「鉛筆を」使っています。その鉛筆で崩し字をするでしょうか。
ただ筆に慣れているため、毛筆では当然のトメとハネを強調した書き方をしています。あれを下手くそと言っては浮かばれないでしょう。
そして「お千」ですが、かつては「お」「於」「阿」いずれも普通に用いられていたようです。出雲の阿国などは「阿」ですね。ネット検索したらこういうのがありました。これによれば『日本の女性名』で、元々於○○女と呼ばれていたものが、最後の女が欠けるようになったとあります。

昔の女の人の名前の頭にに「お」をつけるのは何故ですか?
(Yahoo!知恵袋)

当時の日本人は書道を本格的に嗜むのでもなければ、楷書はそこまで熱心にやらない。日頃は行書や草書、要するに崩字で書きます。
なぜそうしないのか、初っ端から疑問です。

筆ではなくて鉛筆だからです。家康が今まで筆で文字を書いており、それが必ずしも楷書でないのは見て来ているはずですが。

大仏殿と梵鐘が出てきますが、美術班が力尽きた感がある。
ここまでピッカピカに光りますか?

この方広寺の大仏ですが、こちらには「慶長17年に金箔が押された」とあります。

方広寺大仏殿跡及び石塁・石塔
(文化遺産オンライン)

林羅山と金地院崇伝も出てきました。
林羅山は家康にとって孫のような年齢のはず。画面ではそう見えませんが、このドラマは時空が歪んでいますからね。
配役に不満はありません。若手役者の無駄遣いはもう見たくありません。

「画面ではそう見えませんが」
武者さんがそう見えていないだけでは?
あと何をもって「若手役者の無駄遣い」と言うのかそれも疑問です。

それよりも、あの若い頃から変わらぬ胡散臭い口調の本多正信が嫌になります。
何か裏がある、油断ならない知恵者に描きたいなら、表向きは好感度高く、家康と二人きりになったときに腹黒いことを語るほうが自然ではありませんか。
あんな調子で語られたら『なんだこのジジィ?』と余計に警戒されてしまうでしょう。

それは武者さんが「このように描いてほしい」と思っているだけなのでは。逆に林羅山や金地院崇伝が、識者らしくそつのない対応をしており、寧ろ崇伝は秀忠にどっちの味方だと言われてしまっている。そこへあの正信がおもむろに口を開き、豊臣は何を考えているかにずばりと切り込んでいるわけで、如何にも正信らしいと言えます。しかもこの人は佐渡守、大名であって、単なるジジイではありません。

秀忠にせよ。正純にせよ。千姫にせよ。江にせよ。
若手俳優に恥をかかせるようなことをして、こちらの胸が痛くなってくる。

胸が痛いのなら、病院に行かれるのがいいでしょう。
そして上記の人物を演じている俳優さんは、恥をかかせられるなどということを口にしていますか。
これも武者さんの思い込みでしかないと思いますが。

『大奥』出演者のトークを聞いていると、時代劇経験が少ない方も多い。しかし、見ている側からはわかりません。
同じ役者でも『大奥』では素晴らしい所作やセリフだったりするのに、今回の大河ではからきしダメだったりする。一体何が起きているのでしょう。

また『大奥』。
こういう比較を見ても、客観的な分析がないのですね。
「同じ役者でも『大奥』では素晴らしい所作やセリフだったりするのに」も、ただ『大奥』が好きだからという主観でしかないから、説得力がありません。どのように『大奥』では素晴らしいのか、それをちゃんと書いて貰えませんか。

バレたらえらいことになるのに、意識が低い愚か者が短絡的な面白さを求め、やってしまった。そして大坂の陣で滅びる。そういう流れですよね。
「あいつらを挑発したらおもしろそうw やっちゃえw」
バレる
重大事案に……
まるで滅亡を予兆した歌のようになりました。NHKの不祥事そっくりの展開です。

NHKの不祥事を嬉しがっているようですが、貴方が好きな『大奥』もそのNHKの番組ですよ。
そしてこれ
「短絡的な面白さを求め、やってしまった」
面白さなど求めているでしょうか、天下を取り戻したいから徳川を焚きつけたのではないでしょうか。そして「バレる」など書くと、さも何かを隠していたように見えますが、この場合は挑戦状を叩きつけたと言うべきでしょう。

秀頼が愚かすぎて理解できない
秀頼が千姫との愛を強調したいのか、何なのか、よくわからない。
どうしてこのドラマは夫妻の寝室での語り合いばかりで歴史が動くのでしょう。
昭和のオフィスラブものでもオマージュしているんですか?
出張先でも不倫。同じ会社でも不倫。それを繰り返すうちに出世できる話ですね。

よくわからないのですが、出世できるて誰がですか?秀頼は主君ですからこれ以上高みに上ることはありません。あるとすれば、家康を倒した時だけでしょう。
そして
「夫妻の寝室での語り合いで歴史が動く」
では第1回からその例を挙げてください。
それにこういう立場の人のプライベートな話など、寝所とか茶室などでしかできないと思いますが。千姫が寝所で秀頼に問いただしたのも、茶々や家臣の前で訊くことができないからでしょう。

豊臣秀頼はボケーっとしているところの顔が、ただの愚鈍に見えてしまう。美男なのにどうしてこんなに目がうつろなのか……もったいない。
戦となれば鬼になれるお方とは誰のことなのか?
江が「戦では鬼」だなんて形容していますが、最初、誰が該当するのかわかりませんでした。
まさか家康が?
ビエビエ泣き喚いて逃げ出した印象が上書きされていません。

まず秀頼、何だか井伊直政を叩いた時を思い出してしまいます。自分はこの人の外見が嫌い、だから叩いてしまえということなのでしょうか。報酬を貰って書いているコラムでやることでしょうかねえ…。

そして
「(家康が)ビエビエ泣き喚いて逃げ出した印象が上書きされていません」
あの、今まで46回分観て来ているわけですよね。関ケ原の回も、当然観ていますよね?
一体いつの回の話をしているのでしょうか。

千姫は毎回毎回同じウルウル顔で、何がしたいのでしょうか。
本当に、このドラマは人間の描き方が単調です。
千姫は弱々しい泣き虫モードしかない。ここまで魅力がない千姫は初めて見ました。
しかも衣装は、焼き芋カラー。どうしてここまで酷い千姫にするのでしょう。

2つ前でも書いていますが、この大河では、千姫は夫秀頼や茶々といることが多く、自分をいわば押し殺さなければならないシーンもあります。まして自分の祖父が古狸だの、果ては家康が死ぬまでなどと言われている。自分に取っては優しいおじじ様であったわけで、受け入れられないものもあるでしょう。
だからどうしても表情が暗くなる。織田常真もそういう千姫を見ていたのではと思われます。
その代わり、秀頼や猫といる時は笑顔を見せていましたね。あのシーンも観ているはずなのに、猫に夢中で、そこに目が行きませんでしたか。

「焼き芋カラー」
またですか。来年は平安時代なのに、またアイスクリームだの焼き芋だので着物の色を形容するのでしょうか。
そして
「どうしてここまで酷い千姫にするのでしょう」
ではなく、武者さんが
「(無理やりにでも)千姫をネガティブな目で見たがっている」
のではないでしょうか。

最後まで最悪の衣装センスだった
ドラマ10『大奥』の方が用意された衣装の数が多いとか。センスも段違いに『大奥』が上です。
毎週言わせてもらいますが、家康の白い服装はどうしようもない。着物の作りが安っぽい。
しかもコスパは悪い。
大河や朝ドラの強みは、衣装ストックが使えること。
本作のデザイナーの場合、使い回しができないでしょう。過去、大河の別作品で流用した際、揉めておりました。

あと2回あるのに
「最後まで最悪の衣装センスだった」
だそうです。武者さんの中ではもう終わっているのでしょうか。だったらあと2回はお休みでいいですよ。

そして
「『大奥』の方が用意された衣装の数が多いとか」
戦国時代から江戸初期の時期と、江戸時代も終わりの方の時期とでは、生活そのものにも違いがあります。その江戸時代の草創期は世の中をまとめるのが優先で、そこまで優雅な生活ができたでしょうか。逆に言えば、家康や秀忠が戦無き世を作り出したからこそ、『大奥』のきらびやかな世界があるのではないでしょうか。

「センスも段違いに『大奥』が上です」
ではそれを画像なり何なりで比較してください。ただ時代的にかなり違いがあるから、並行比較は難しいかも知れません。

「毎週言わせてもらいますが、家康の白い服装はどうしようもない。着物の作りが安っぽい」
どうして調べないのでしょうね。
「徳川家康 羽織」で画像検索すれば、ちゃんと白っぽい地の羽織が出て来ます。どうしようもないのではなく、着衣が残っているから、それをモデルに衣装を作っているわけです。そして作りが安っぽいとは、どこの部分がどう安っぽいのでしょうか。
「毎週言わせてもらいますが」文章に具体性が乏しいです。

あとコスパが悪いとか、着回しできないというのは今の時点では何とも言えないでしょう。そして本作のデザイナー(柘植氏のことでしょう)の衣装を、過去大河の別作品で流用した時揉めていたというのは、どの衣装をどの作品で使った時でしょうか。それもちゃんと書いていない。
それから「流用」は目的外のことに使うことで、この場合は「使い回し」が正しいかと。


飲み物-パブのビール
スポンサーサイト



[ 2023/12/06 00:45 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud