fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  福岡城あれこれ その14(平和台物語)

福岡城あれこれ その14(平和台物語)

12月の第一日曜日は「福岡国際マラソン」が行われ、福岡場内の平和台陸上競技場が、スタート及びゴール地点になるというのは前にも書いたかと思います。この陸上競技場も、城内の整備や建築物の復元に伴って、後々移転となる予定ですが、ではこの競技場はなぜ作られたのでしょうか。

元々福岡城は、明治維新後は陸軍の施設となり、第二次大戦後はGHQに接収されていました。この頃国民体育大会が始まり、福岡県は開催に名乗りをあげ、ここをスポーツによるPEACE HILL(平和台)にしたいと主張し、スポーツ施設が作られるに至ります。なおこれにちなんで、福岡県内の国道202号には「国体道路」の愛称があります。その後野球場は西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の本拠地となりました。この西鉄ライオンズのユニフォームやボールは、今も福岡市博物館に展示されています。

平和台陸上競技場
平和台陸上競技場

平和台野球場モニュメント
平和台野球場モニュメント、上記画像はいずれもWikimediaより。

しかし1987年に鴻臚館の遺構が発掘されたことで、大きな動きがありました。元々この遺構は、球場の改修工事をしていて発見されたものですが、これを機に史跡公園として再整備されることになり、またその翌年に、福岡への移転が決まったホークスの本拠地として、1993年をめどに福岡ドームが建設されることになったため、球場は1992年にプロ野球の本拠地としての役割を終えます。その後5年ほどはまだ使用されていたものの、1997年に完全閉鎖されました。この時一部の備品が、抽選で希望者に無償で譲渡されています。

その後鴻臚館の発掘調査が進み、跡地は整備されて行きます。それでも球場の一部は残されていましたが、2005年3月の福岡西方沖地震で、亀裂が入ったりしたことからすべて撤去されました。また上記のモニュメントは、2002年に作られています。

鴻臚館2
鴻臚館跡展示館

その後福岡城の建築物復元案も本格化します。そしてこちらは2009年の、福岡城がある舞鶴公園と大濠公園の空撮画像です。
舞鶴公園・大濠公園2009-2

サムネなのでクリックしていただけるとよくわかりますが、向かって左側、陸上競技場手前の鴻臚館跡がまだ整備途中といったところです。そして下はその10年後で、鴻臚館跡展示館の場所に芝が植えられています。濠(内堀)に2本橋がかかっていますが、手前が上之橋、向こう側が下之橋です。鴻臚館跡と陸上競技場の向こう側には池が見えています。これは大濠公園の池で、かつての福岡城の外堀を埋め立てたものです。昔は福岡城がある舞鶴公園と、大濠公園とで1つのお城を形成していました。

舞鶴公園から海2019-2

これらの3枚の画像はいずれも福岡市の提供です。
(2009年分撮影はFumio Hashimoto氏)

ところで福岡市の計画によると、競技場跡は広場として活用されるようで、これで「平和台」が舞鶴公園から去ることになります。また城内の南にあった、第二次大戦後日本に引き揚げて来た人たちのための住居も、大部分が解体されています。この場所には、かつてあったとされる下屋敷が復元され、桜園が作られる予定で、江戸時代の様子が復元された福岡城の、新しい歴史が始まることになるのでしょう。

スポンサーサイト



[ 2023/12/01 05:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud