fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『風花帖』-33

『風花帖』-33

四郎左衛門の言葉を聞いた源太郎は、手をつかえた。
「お聞き届けくださり、ありがたく存じます。これにて小倉藩は救われてございます」
頭を下げて、感嘆した面持ちで言葉を発する源太郎を、鬼角は冷ややかな目で見ていた。

四郎左衛門は源太郎から顔を背け、こう言った。
「さっさと城へ戻って、わしの返事を出雲に伝えよ。そのうえで、ここに戻って参れ。出雲がどう出るか知りたい」
源太郎は急いで座敷を出たが、その源太郎に鬼角が音も立てず付き添って来た。

「進言が聞き届けられてよかったな。しかし小宮様は甘いお方ではない。思い通りに行ったとうぬぼれぬ方がよいぞ」
源太郎は振り向き、鬼角の目を見ながらこう答えた。
「もとよりたやすいこととは思うてはおりません。されど、このままでは同じ家中の者同士で骨肉相食むことになりましょう」

「既に血は流れておる。渋田見主膳を殺めたのは旧犬甘派ではないか、最早きれいごとではすまぬのだ」
鬼角は厳しい顔でそう言い、縁側で、方円斎たちに取り囲まれながら、座って待っている新六に目を向けた。
「そなたが城に戻って出雲に報告して後、話がどう転ぶのかはわからん。それゆえ、あの者はまだ人質に取っておくぞ」

新六をなおも人質にすると言われ、源太郎はぎょっとした。
「それは……」
鬼角は源太郎の目をのぞき込むようにして、にやりと笑った。

「そなた、口では色々言うても、まことはおのれが助かりたい一心であろう。ならば、友の一人や二人を見捨てる覚悟はした方がよいぞ」
「印南新六殿をそれがしの友と言われまするか」
源太郎は複雑な表情をした。鬼角はちらりと源太郎の顔を見て言った。

「そなたが使命を果たすために、あの男は命も投げ出す覚悟を決めているようじゃ。それゆえ友と思うたが、違うのか。ではあやつ、誰のために懸命になっているのであろうか」
鬼角はそれ以上は何も言わず、ゆっくり新六に近づいた。

新六は鬼角が目の前に立つと、閉じていた瞼を上げた。
そして源太郎の顔色を見て、進言が聞き届けられたことを察し、
「ようございました」
とつぶやいた。

鬼角はその新六を憐れむかのように、
「菅源太郎の進言を小宮様は聞き入れられた。しかし菅が城に戻っておる間、その方はなおも人質になって貰うぞ」
「もとより承知いたしております」
新六は平然として答えた。

鬼角は嘲るような目で新六を見た。
「わしが菅の立場なら、城に入ったからには最早ここには戻ってこむかも知れぬな」
「あなた様ならさようでございましょう」
「菅は違うと申すか」

鬼角は重ねて訊いたが、新六は答えようとしなかった。源太郎が片膝をつき。
「印南殿。申し訳ない。ご家老に首尾をお報(しら)せして参る。さすれば家中での争いは避けられます。それまでのご辛抱でござる」
と告げた。

新六は嬉しそうに顔をほころばせた。
「まことに、菅様のお働きがあってのことでございます」
源太郎は、何の疑いも持たず喜ぶ新六から目をそらして立ち上がり、方々失礼いたすと頭を下げて玄関へ向かった。部屋にいた藩士たちは、不安と猜疑に満ちた目で源太郎の背中を見送った。


源太郎の進言を四郎左衛門は受け入れ、出雲にこのことを伝えるべく城へ戻ろうとします。すると小宮家の用人である鬼角が源太郎に、思い通りになったとうぬぼれぬ方がいいと告げます。どうもこの鬼角も一癖ありそうな人物です。さらに鬼角は、今後話がどう転ぶかわからないから、新六はまだ人質に取っておくと言い出します。思わぬ事態に源太郎は驚きます。

さらに鬼角は、助かりたいのであれば、友の1人や2人は見捨てる覚悟をするようにと言います。友と言われてちょっと複雑な気持ちになる源太郎ですが、鬼角は、源太郎が使命を果たすためには、新六が命も投げ出す覚悟をしていること、友でないのなら、なぜそこまで懸命になるのか不思議に思っているようです。

無論新六は、源太郎の妻である吉乃のために、進んで命を投げ出す覚悟でいたわけです。その新六は、源太郎が城に戻っている間はまだ人質であると聞かれ、平然と承知していると答えます。しかも鬼角が、自分が源太郎の立場なら戻って来ないだろうと言うのに対し、あなたさまならそうでしょうとこれも平然と答えます。新六は源太郎を信じ切っており、さらにその妻の吉乃のためになるのであれば、最早怖いものなしとも言えそうです。


飲み物-クリームとココア
スポンサーサイト



[ 2023/11/24 23:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud