fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  どうする家康 >  福島正則と六条河原と茶々の病気

福島正則と六条河原と茶々の病気

今回もまず福島正則関連で。
ひとつ前の『武将ジャパン』大河コラム関連投稿で書いてもいますが、この人物は家康にも、そして豊臣家をも主筋と立てており、家康と秀頼の会見でも尽力しています。但し酒のうえでの失態がいくつかあり、日本号を飲み取られたのみならず、酔った勢いで家臣に切腹を申し付けたり、また妾との問題で、正室に薙刀を持って追い回されたりもしています。恐らく、酒がなければ愛すべきキャラであったのかも知れません。

その後大坂の陣では、江戸留守居役(嫡男は徳川方として出陣)となっており、その代わり大坂方に兵糧を送っています。『真田丸』でもこの時真田信之を訪れ、この大坂へ兵糧を送りたい、太閤殿下への恩返しじゃと言い、さらに大坂城内へ入れるには信繁の協力が必要とまで言っています。これで信之は困ってしまい、小野お通を訪れます。この大河でのお通は、カウンセラーのような役割ですね。

真田丸福島正則
(『真田丸』第45回)

この正則ですが、大坂の陣の後、広島城の修理を発端に秀忠から減転封を言い渡され、高井野藩の藩主となります。嫡男に先立たれ、自身も寛永元(1624)年に世を去ることになります。その後福島家は取り潰しとなるものの、子孫により再建されるに至ります。

それから『どうする家康』、なぜ六条河原のシーンがなかったのか。無論家康と三成のやり取りを入れたせいもありますが、六条河原のシーンは、三成、行長そして安国寺恵瓊の3人が揃うものというイメージがあるせいかも知れません。今回安国寺恵瓊が出ていないということもあり、敢えて描かなかったとも考えられます。そして、関ケ原が登場する戦国大河では、この六条河原のシーンがあまりにも一般的になっており、それで外したとも考えられます。こういう例は他にもありそうです。

あと、茶々(淀殿)がうつ病であったという説があります。
こちらは大阪大学大学院の先進融合医学共同研究講座のサイトです。

上方漢方の歴史

曲直瀬道三の養子、曲直瀬玄朔によれば、「秀頼公御母 御気鬱滞食眩暈」(気うつから食事が滞り、めまいも出ている)とあります。慶長8(1603)年のことですが、彼女がこの病気を抱えていたとすれば、その後の徳川家との関係の決定に、いくらか影響があったのではないかと言えそうです。
その一方で、更年期説もあります。

【識者の眼】「淀の方の更年期障害」早川 智
(Web医事新報)

これによると、漢方では精神不安や苛立ちに効果がある、加味逍遙散がいいと記されています。西洋医学では安定剤(抗不安剤)とホルモン補充療法とありますね。

いずれにしても、彼女が絶えざるプレッシャーを受けていたとは考えられますし、家康が将軍職を秀忠に譲り、秀頼に挨拶するように言って来た時にひどく怒り、秀頼を殺して自殺するとまで言い出したことは、いくらか追い詰められていたのではないかとも思われます。
しかし、あの時距離を置いていた(と思われる)黒田、加藤2人の大名は何を思っていたのでしょうか。


飲み物-ホットラム
スポンサーサイト



[ 2023/11/24 05:00 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud