fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  花の乱を観て

花の乱を観て

少し前にこちらの記事で、『花の乱』について書いています。で、実際どのようなドラマだったかと思い、DVDを観てみました。主人公である日野富子が、実は両親の子供ではなく、酒呑童子と母親苗子の子供であったことから、生後すぐに山城国椿庄で、伊吹十郎太の娘の椿として育ちます。しかし、その後生まれた娘の富子(異父妹)が盲目となったことから、2人は入れ替えられ、椿は富子として育てられるようになります。ちなみに、盲目の異父妹を迎えに来たのは一休宗純でした。

その後富子は足利義政と結婚することになります。しかしその前に彼女の夢枕に、ある青年が登場します。その人物をひそかに待っていた富子の前に、ついにある日その人物が登場しますが、それこそ未来の夫となる足利義正でした(このような夢占いなどがかなり登場するのが、この大河の特徴です)。しかしその後、義政の乳母であるお今(今参局)が妨害工作を企み、自分に内通している者たちを使って、富子に密かに薬を飲ませて乱心状態にさせますが、管領細川勝元の機転により難を逃れます。富子の兄である日野重光にとっても、この妹と将軍との結婚は大きな意味がありました。そして、夫と対立しつつも、自分の才覚で政治を取り仕切るようになります。

ここまでしか観ていませんが、特徴としては、室町文化、特に公家文化の色彩が強いものとなっています。元々富子の夫の義政も、公家風な生活を好んでいたこともあり、この時代の文化に興味がある人には面白い作品でしょう。また戦闘シーンなどもそこそこ出て来ます。これはやはり、主人公が将軍の御台所という設定も大きく関係しています。その反面、大河によく登場する戦国や幕末などの男性的な雰囲気にはやはり欠けます。やはり室町時代という、戦国時代に突入する前を舞台にしている以上、混乱が終結し、完成を見るという筋立てのドラマになりにくいというのも一因と思われます。しいて言えば、『毛利元就』にもちょっと似た物を感じます。

ピンクの菊









 
スポンサーサイト



[ 2015/11/04 00:42 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud