fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  応天の門 >  『応天の門1』都を賑わす玉虫の姫の事二

『応天の門1』都を賑わす玉虫の姫の事二

「玉虫姫」の続きです。何やら不思議な存在の玉虫姫とは一体誰なのでしょうか。そして、姫が漢書を読んでいたことは、どのようなつながりを持ってくるのでしょうか。

あらすじ

業平は、玉虫姫に実際会った者たちの姫の第一印象を聞いたところ、それぞれ人物像が異なるのに気付く。しかも大納言伴善男からは、酒井久通の件は、自宅で病死としておけと釘をさされていた。一方で業平は、道真に頼まれて、玉虫姫から返事をもらった者たちから返書を借りて来るが、道真はそれを見て、すべて白梅の代筆であることが判明する。 父是善への令状を白梅から受け取っていたため、道真は白梅の筆跡を知っていたのだった。しかし世間で言われるほど玉虫姫が才知のある女性なら、女官に代筆させるだろうかと不審に思う。 

道真は一計を案じ、借りている本もあるからという理由で、玉虫姫のいる森本翁の邸を訪ねる。渋る女官に、業平は先日の事件について訊きたいといい、道真は漢学について姫から教えていただきたいと伝える。女官たちはやむをえず、漁色家として有名な業平を外し、道真だけを通す。薄暗い部屋で几帳を隔て、しかも気分がよくないという理由で女官が姫の言葉を取り次ぐが、道真は漢書の質問のみならず、琴を弾いてほしいと所望する。女官が断ったところ、道真はいきなり几帳の垂れ絹を上げるが、そこにいたのは玉虫姫ではなく、女官の白梅だった。

実は玉虫姫は、8年前に事故で井戸に落ち、亡くなっていた。しかし翁は病身、しかも女官たちは見目のよさではなく 、その才を買われての採り立てとあって、彼女たちは翁の恩に報いようと、姫が生きていることにしていた。そして誰それは文の担当、誰それは琴の担当といった具合で、それぞれの女官が入れ代わり立ち替わりして姫の姿を演じ分け、完璧な女性に見せていたのだった。会った人物によって姫の人物像が違うのはそのためだった。また、久通も御簾を上げて姫の姿を観ようとしたものの、脚を踏み外して縁側から落ち、そのまま死んだため外に運び出されたのだった。ここで入内の問題が浮上するが、業平はこう言う。「一度騙したのなら、最後まで騙し切るのがいい女だ」

業平は久通の歌に即興で返歌をつけ、帝にそれを見せて、あたかも久通と玉虫姫が実際に文をやり取りしていたように想わせた。そして久通が死んだこと、そのため玉虫姫が後を追おうとして自殺を図り、今は見るも無残な姿になったこと、そして本来は自分への、しかも白梅が書いた返書である「馬嵬」 への帝の問いに対し、玄宗皇帝と楊貴妃の話を引用して、姫がこの2人の悲恋にわが身を映したのだと滔々と述べ、帝はそれに同情して双方咎め立てなしとし、入内の問題も解決した。これで藤原良房は安堵し、一方伴善男の表情は険しくなる。

その後翁が亡くなり、玉虫姫は尼寺に入ったことになっていた。そして玉虫姫を巡る噂も絶え、また姫を名乗る者も現れたものの、やはり偽者だった。そして白梅は道真の屋敷に仕えることになるが、ある日業平が道真のもとに来て、翁は事実を知っていたのではないかとほのめかし、また白梅を口説こうとする。白梅に、業平に近寄ってはいけないと命じる道真。そしてその業平は、今度は藤原高子にも文を送るのであった。 

*************************
玉虫姫は幼少時に亡くなり、女官たちがそれぞれ自分の得意分野を活かして姫を演じていました。道真がおかしいと感じたのは、最新の漢書の言葉を知っている玉虫姫が、なぜ文を女官に代筆させているかということ、そして、実際に玉虫姫に会って話を交わした者はいるのかどうかという点でした。もちろん、わずかながらでも姫を見たことのある人々が語る姫の人物像が、それぞれ異なるのもかなり不思議なことでした。本当は姫は実在せず、他の誰かが演じ分けているのではないかという見方も当然成り立つわけです。

それにしても大人の業平の「騙しのテクニック」は見事なものです。即興で、しかも女性の観点で返歌をつけてしまう辺り、流石その道の達人と呼ぶべきでしょう。しかもこのセリフ「一度騙したのなら、最後まで騙し切るのがいい女だ」は、とても道真の及ぶものではなく、真実の追求の道真と、その後をフォローする業平の役割分担が明確化されている感じです。

この話、数人で実在しない人物を演じるというのは、何かに登場したとも思いますが、とりあえず今は『花婿失踪事件』を思い出します。こちらは一人二役で、しかも財産狙いが絡んでおり、パペットの方では、好きな彼女を横取りされたくないがあまり他人に化けるという筋立てでした。無論、いずれも男性が一人二役を演じている点、しかも何らかの形で自分の欲を満たしたい(財産、彼女の独占)という点は違いますが。また長谷雄が、久通が死んだのは、実は玉虫姫は物の怪だったからではないかと口を挟み、双紙の読み過ぎだと業平に窘められますが、これもワトソンが小説を読んでいて、ホームズにくさされるのに何となく似ています。 
スポンサーサイト



[ 2015/11/01 01:00 ] 応天の門 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud