FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  「ファン」の定義

「ファン」の定義

これはいわば独り言のようなものなのですが、ファンの定義というのは何だろうなと思います。芸能関係でなくてもスポーツであるとかアートであるとか、それぞれにいいなと思う人がいて、その人にも作品にも好感を持つというのが、大雑把にいってファンと呼ばれる存在なのでしょう。ただ私の場合、ファンと呼ばれるほどのアクションをしたことは、今までの人生の中でほとんどなかったような気もします。無論映画やお芝居やライブ、あるいは試合にも行っているし、俳優さんや選手にメールや手紙を送ったこともあるのですが、若いころからファンクラブに入るとかグッズを買い込むとか、追っかけといったことはやったことがありません。これは親が許してくれなかったということもあるのですが。あとドラマのロケ地とかにも行ったことはないし-一度行ってみようかなとは考えています。

ガリレオとシャーロック・ホームズ」でも書いていますが、私自身普段あまり番組に入れ込むとか、出演者に入れ込むというのがあまりないし、ブームに乗っかるというのもまずないので、どこか醒めているように見られるかもしれません。逆に、ブームというのをひややかに見る方かなとも思います。いつか、あるテレビ番組のことを友人に話したら、そんなの観ているなんて思わなかったなどと言われた記憶があります。結構好きな番組だったのですが…。ガリレオといえば、福山雅治さんが結婚を発表された時も、おめでとうという気持ちしかありませんでした。だからOLがショックで早退なんて記事を読んでちょっと驚いた部分はあります。これは年齢のせいかもしれませんが、でも今20代でもあまり変わらなかったかも。福山さんもファンと言えるかどうかはわかりませんが、結構好きですし、普段応援している人が幸せになるのは嬉しいです。それに彼がいつもTVや映画で見せている顔は、本来の顔のごく一部でしかないわけですから。他にも応援している人はいますから、その人たちがそれぞれに取ってベストな道を選んでほしいです。

ただし、ラグビーに関しては自分からファンを名乗ったことがあります。これは代表チームの成績が芳しくなかった頃、ラグビーに詳しい人(経験者)とチャットをやっていて、段々白熱化して、ファンとしてこれは黙っていられないなどと入力していたら、その人が「ファンなんて今日なって明日やめることもできるんだよ」と返された記憶があります。確かに好きな時になって好きな時にやめられるわけですから、ある意味無責任ではあるし、逆に言えば責任がない分思い入れを強く持てる対象でもあるわけですが、何かファンという存在の持つ不安定さと、それゆえに理屈の通らない熱さを改めて考えさせられた記憶があります。ただどうしても、ファンというとその対象に追随してしまう傾向があるのですが、批判するべき時には批判するというのもあるかもしれません。やはり、付和雷同もよくないと思いますので。

red wine
 
スポンサーサイト



[ 2015/10/28 23:26 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud