fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  日本史 >  森乱と万見仙千代

森乱と万見仙千代

ラグビーについて書く予定だったのですが、その前にちょっとこちらの方を書いておきたいと思いました。

まず森乱(蘭丸)、『どうする家康』でも登場し、本能寺の変で討ち死にする人物です。本名は成利あるいは長康(諸説あり)で、信長の小姓の中でも特に名を知られています。今まで大河にも10回以上登場しています。

この人はどちらかと言えば武将として有名であり、また信長の使者としての務めも果たしているようです。その一方で、万見仙千代という人物がいます。この人も信長の小姓で信忠にも仕えており、こちらは『軍師官兵衛』に登場したから、ご存知の方もいるでしょう。仙千代というのは幼名で、本名は重元といいます。

但し森乱がかなり有名であるのに比べると、こちらはやや地味な印象があります。なぜ地味に見えるのか。それは万見仙千代は武将としてというよりは、寧ろ事務または取次関係を担当していたこともあるでしょう。奉行を務めたこともあります。この点、秀吉に取っての石田三成を思わせるものがあります。

一方で南部季賢の使者の供応役をまかされたり、所謂検使、首実検のための務めを請け負ったりもしています。他に段銭(税金の一種)に関連した仕事をしたり、荒木村重謀反の際には、明智光秀共々糾問使として出向いたりもしています。

しかし村重はその後反旗を信長に翻し、仙千代は検視として、有岡方面へ向かうことになります。そして裏方、あるいは取次役としての任務を遂行して来た彼が、有岡城攻めに加わることになったわけです。

しかしこの攻撃で彼は討ち死にすることになります。仙千代がもう少し後の時代の人物であったなら、地味ながら主君の務めを忠実にこなす能吏として一生を終えたかも知れません。

尚先ほど仙千代は、『軍師官兵衛』で登場と書いていますが、あるいは他の大河にも登場している可能性もあるかと思います。

飲み物-アイスコーヒーとストロー
スポンサーサイト



[ 2023/07/27 01:45 ] 日本史 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud