fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  どうする家康 >  『どうする家康』第26回に関しての武将ジャパンの記事について-3

『どうする家康』第26回に関しての武将ジャパンの記事について-3

『武将ジャパン』大河コラム関連その3です。キャストスタッフ叩きもさることながら、ドラマ本編をきちんと観ているのかなと思ってしまいます。尤もこれは嫌いな作品のみならず、好きな作品でも往々にして見られたことではありますが。


『麒麟がくる』の長谷川博己さんは、初回で屋根から吹っ飛んでいました。
古流剣術もこなし、茶の所作も流麗。
『鎌倉殿の13人』の小栗旬さんは、初回で乗馬飛越をこなしました。
弓術もこなす。所作も隙がない。
で、26回という後半になっての家康ですが……えびすくいも、乗馬も、茶も、どうにも所作が甘い。
1月ならばまだしも、もう7月です。前述の主役二人と比べて、どうしたことかと悲しくなってきます。

また『麒麟』と『鎌倉殿』を叩き棒ですか。主人公の描かれ方など作品によって違いますし、それを言うなら光秀も義時も、最初から戦場にいて、絶体絶命であったわけではないのですが。そして、
「えびすくいも、乗馬も、茶も、どうにも所作が甘い」
などと書いていますが、何を持ってそう言い切れるのかはなはだ不明です。
尚『海老すくい』の所作云々ですが、これは『海老すくい』ではなく踊りの所作という意味でしょうね。
しかし武者さんは、乗馬や茶道や踊りのプロなのですか?この乗馬も茶の湯も踊りにしても、プロの指導のもと行われているのですけどね。結局好きな作品の主人公の所作は素晴らしい、なのに嫌いな作品は…といういつもの論調でしょう。

長谷川さんのような端正な明智光秀に仕上げるのは無理だとわかっているから、今回は光秀を下劣の極みにして、どうにかしようとしたんですか?
同じ枠の、わずか数年前の作品を足蹴にするような真似ができるのは、作り手の精神性が幼い証拠かもしれません。
それでも、素材を提供している大手メディアでは絶賛記事が掲載されますので、問題はないんですかね。
現に視聴率は低迷していて、歴代ワースト2はほぼ確定なんですけどね。
視聴率を速報しているメディアの「二桁維持」というフレーズの苦しいことよ。

「長谷川さんのような端正な明智光秀に仕上げるのは無理だとわかっているから、今回は光秀を下劣の極みにして、どうにかしようとしたんですか」
これがまず変。長谷川さんのようにしたいのなら、そういう俳優さんを選べばいい話です。わざわざ酒向芳さんを選んであのように描いているのは、制作サイドにそれなりの意図があってのことでしょう。ただ武者さんの場合、『麒麟がくる』の光秀絶対であるため、このような描かれ方をすることが我慢できないのでしょうね。
長谷川さんの光秀は似合っていたとは思いますが、あれはひとつの形であり、それ以外の俳優さんを使って、違う方法で描くということもありうるわけですが。

だからなのか
「同じ枠の、わずか数年前の作品を足蹴にするような真似ができるのは、作り手の精神性が幼い証拠かもしれません」
ついに「作り手の精神性が幼い」ですか…これからさらにドラマが進むに従って、武者さんのネガティブ表現(としか言えません)がさらにエスカレートするように思います。

それを言うのなら、同じ例は他にもあるのですけどね。誰を主人公にして、どのような展開をするかで大きく変わって来ますから。ならば『真田丸』の家康と『おんな城主 直虎』の家康、『麒麟がくる』の家康はかなりイメージが異なっています。信長しかりです。一度同じ時代を舞台にした別々の作品を観比べては如何でしょうか。

そして以前私は、大河がU‐NEXTで放送されていると書いていますが、その時、NHKプラスのみでなくここまで多方面になっては、どのくらいの人数が観ているかの把握が難しいのではといったことも書いています。しかし武者さんに言わせれば
「現に視聴率は低迷していて、歴代ワースト2はほぼ確定なんですけどね。
視聴率を速報しているメディアの「二桁維持」というフレーズの苦しいことよ」
だそうで、嫌いな大河だと世帯視聴率にのみこだわりますね。これは『青天を衝け』もそうでした。
好きな大河なら、NHKプラスや他の観方をしている、きっと再生回数は多いに違いないとやるのでしょう。

ところでこの『どうする家康』が、上半期全国推計視聴人数ランキングのドラマ編で1位なのだそうです。無論他の、たとえば1クールのドラマなどとは放送形態の違いもあり、絶対的なトップではないにしても、そこそこ関心がある人は多いように思えるのですが。

信長に従っても、別にいいと思うのです。
疑問なのは、瀬名の弔いすらないところでしょう。
別にバカでかい寺を建てなくてもいい。自室でそっと涙を流すとか。瀬名を思い出して目が赤くなるとか。あってもいいはずなのに、愛と浮かれているんですから見てられない。
今週も相変わらず追悼のない作品です。
瀬名も、両親や田鶴をろくに思い出してもいないので今更ですが……とか思っていたら昭和平成レトロのようなイチャコララブコメが回想される。
しかも回想が流れるだけで、家康に涙ぐむこともさせません。
で、いきなり信長を殺すと言い出して、なんなのこいつ。

家康が瀬名を偲ぶシーンはちゃんと出て来ているのですが、それを読み取れていないのが残念ですね。
そもそも武者さんが考える弔い、追悼というのは、寺を建てるのもさることながら、涙を流すといった、目に見える形の描写であり、それと知らさない形で心の内を描いた場合、きちんと理解できているのかが疑問に思えます。

無論寺を建てる、涙を流すはあってもいいのですが、問題はこの中で描かれる家康の思いはそっちのけで、自分が考えるような、納得できるような形で描けと言わんばかりに、ドラマそのものに注文をつけていることです。これが個人で書くのならまだしも、プロとして報酬貰って書いてこれかと思ってしまいます。しかも於愛と浮かれているって、信長を迎える準備で彼女のアイデアに乗り気になっているシーンでしょうか。実際あれはいい考えだと思ったからでしょう。

そして、家康が瀬名をどうやって偲んでいるかについて。まず信長をもてなした後、薬を1人で調合している時に半蔵が入って来て、信長に恨みを持つ伊賀者を匿ったと言うシーン、家臣たちに薬湯を口にしつつ、信長を殺すと言うシーン、どちらも薬が関わっているのはなぜなのでしょう。薬湯が必ずしも必要な状況ではないのに、わざわざそれを出して来ていること、さらに彼女との日々を回想してもいること、あれこそ瀬名のことを今なお思いかつ偲んでいるからではないでしょうか。


飲み物-ジョッキに入ったビール
スポンサーサイト



[ 2023/07/14 01:45 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud