fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  どうする家康 >  今後の『武将ジャパン』関連の投稿について 2

今後の『武将ジャパン』関連の投稿について 2

今後の『武将ジャパン』大河コラムについて、どのようにするべきか考えています。
元々今年は昨年のように、1年を通じてすべてを読むつもりはなく、何か大きな合戦や本能寺の変のような事件があった時などに、どのように書かれているのか目を通す予定でした。

ところが今年の場合、嫌いな大河にありがちなドラマそのものへのバッシングに加え、キャストやスタッフ叩きがひどいため、この点も一応チェックしておくべきかと思っています。
その中で、特にこれはどうかと思った点に関しては、別途投稿するかも知れません。取りあえずはそれで行こうと考えています。

ところでこれも先日分の投稿で、マンスプレイニングやマンタラプト、ヒピートなどという用語に関して、2つほど武者さんによる「実例」を挙げておきます。

・マンスプレイニング(mansplaining)
男性が上から目線で説明や説教をすることを指します
「『どうする家康』って史実を全然なぞってなくない?」
「そういうことを言いますけどね。たとえば近年の説では……(と、延々と知識蘊蓄を流してくる)」

・マンタラプト(manterrupt)
男性が女性の話を遮る行為
これはドラマ内でやらかしていて、男の人物はよく女の言うことを遮りますね。
『レジェンド&バタフライ』もひどかった。これがカッコいいと思っているなら、こうです。
「わー、マンタラプトをかっこいいと思っているって、ドラマを描いているうちに価値観まで安土桃山時代になっちゃったの?」

まずマンスプレイニングですが、どうも平山優氏に、『どうする家康』の史実関係で注意されたことと関係があるように見えてしまいます。そしてこの場合マンスプレイニングと言うよりは、ちゃんと史料を調べていない点を、注意されていると言った方が正しいのではないでしょうか。

そしてマンタラプト、これも古沢良太氏脚本の映画をわざわざ持ち出していますが、ここまで書くのなら
「『レジェンド&バタフライ』のどの部分で、男性が女性を遮ったか」
その例を挙げてしかるべきでしょう。
そして
「わー、マンタラプトをかっこいいと思っているって、ドラマを描いているうちに価値観まで安土桃山時代になっちゃったの?」
あの、実際の安土桃山時代もマンタラプトがひどかったのでしょうか?

武者さんの場合こういった点も含め、ジェンダーやフェミニズムに大河を絡めたがるし、特に今年はそちらの方がメインになっているせいか、ことあるごとに男女の対立構図に持ち込む傾向が見られます。
たとえば『麒麟がくる』の駒も、
「女なんてエロか家事育児しか価値がないし、バカしかいないのに、“ファンタジー”すぎるよな!」
と、ミソジニーを炸裂させた側の見方として書いています。このような書き方そのものが、正直どうかとは思いますが。しかし駒の描写に関しては、ミソジニー云々を抜きにしても、ネット上のコメント欄などで、視聴者からの疑問の声は上がっていましたし、中には女性と思われる視聴者もいました。

そして、この大河では駒とか帰蝶は引き合いに出す割に、光秀の妻煕子はなぜ引き合いに出さないのかという点ですが、彼女がこの中で一番「専業主婦」的で、武者さんの好みに合わない女性だからなのかとやはり考えたくもなります。しかし仮にも主人公の奥さんだし、旦那さんの牢人時代に生活を支えた人物でもあるのですけどね。

飲み物-テーブル上のアイスカフェラテ
スポンサーサイト



[ 2023/07/10 00:30 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud