FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  応天の門 >  菅原道真とすごろく

菅原道真とすごろく

さて、菅三殿=道真が昭姫とのすごろく三番勝負に勝ち、長谷雄の借金を帳消しにしてもらいます。このすごろくは盤すごろくと呼ばれるもので、一般に「雙六」の字を当てますので、今後この表記で統一したいと思います。ところで普通すごろくといえば、振り出しと上がり、つまりスタートとゴールが合って、その間を駒を進めて到着するまでの速さを競うものと考えがちですが、これは早いうちに雙六とは袂を分かち、違った形での発展を遂げました。「双六」という字はむしろこちらの方に充てられます。「人生ゲーム」もこの仲間です。

ちなみに雙六の方は、どちらかといえばバックギャモンに似ています。元々ローマ帝国の、タブラと呼ばれていたゲームが祖先といわれていて、このタブラは既にボードが12マス2列のものでした。第一巻の解説にごく手短に遊び方の解説がありますが、それによると
  • 白と黒の石を用いる
  • 盤上に置かれた自分の石を、すべて内地に移動させた方が勝ちとなる
  • サイコロを1度に2つ振り、それぞれの目に合わせて2つの石を進めるか、2つのサイコロの目の合計分、1つの石を進める。
 石の進め方には様々なやり方があり、時に応じてそれを使い分ける、戦略性の高いゲームでした。しかし一方で、上流層の間に広まったこともあって、しばしば賭博の対象となり、このため何度も禁止令が出されています。しかしこの戦略度の高さを考えると、道真にとっては赤子の手をひねるが如きものであったにせよ、長谷雄にとっては難易度の高い、従って賭けで借金をこしらえるのもむべなるかなといった感じもします。 (長谷雄君ごめんね…)

そういえば、雙六ではありませんが、パペットホームズでレストレードが戦略的ボードゲームをやっていたのを思い出します。尤もこれをやっていたため、ガルシアとヘンダーソンの奇妙な事件に巻き込まれてしまうのですが。

サイコロ

 
スポンサーサイト



[ 2015/10/25 00:48 ] 応天の門 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud