fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  どうする家康 >  『どうする家康』の築山事件に思うこと 続き

『どうする家康』の築山事件に思うこと 続き

再度、第24回の築山事件について思ったことをいくつか。しかし色々と読み取れるものですね。

実はこれは大河関連ツイにもありましたが、家康自身にも弱さはあり、特にこの事件で大きな犠牲を払いつつ、その弱さを克服して行く転換点となったとも言えそうです。信長は、白兎めは水野信元で懲りただろうにと思ったかも知れませんが、家康にはまだまだ脇の甘さがあったようです。

その白兎つながりと言いますか、築山に残して行った木彫りのウサギ、あれは本来浜松に持って行って、己の弱さと絶えず向き合っていた方が、あるいはよかったのかも知れません。瀬名が戦のない世をと言うのは、多分に築山にある「家康の弱さ」とどこか重なっているようにも見えます。

そして家康に話さず、信康に話したこともあって、父を織田の犬呼ばわりする信康の方向性は決まってしまいました。この時信康が母親に対し、せめて父上の意見を聞くべきと説得していたら、まだその後の彼女、そして信康の運命は変わったかも知れません。

ところでこの密約ですが、これを一番うまく利用したと言うか、逆手に取ったのはやはり勝頼と言えるでしょう。徳川の方は「戦のふり」であるにしても、先方が実弾を撃ち込んで来ないかという不安があり、相手が空砲であることを確認して一安心といった、ちょっと心もとないところがありました。

一方武田の方は、徳川が持ち出した条件と言うこともあり、仮に一方的に踏みにじっても、それまでのダメージはなさそうです。確かに人心は離れることになるでしょうが、勝頼としては戦い続けて死にたいと言っているわけで、常に武田を意識し、信長に気づかれないかを気にしなければならない徳川の方が、精神的負担もまた大きかったと言えます。

つまり単独でも動ける武田と、常に織田を意識しなければならない徳川の違いとも言えそうです。そして瀬名の理想のために足しげく築山に通った千代、さらに信君は、今度は全く別の目的で動くことになります。一方大鼠はあくまでも忍びとしての活動にすべてを捧げており、千代も本来はそうであったものの、瀬名の理想を共有することになったがゆえに、単なる間者でなくなったのは皮肉でもあり、大鼠とは好対照と言えます。

近年の大河は男性主人公であっても、カリスマではなく普通の人間が、時代の勢いで戦に行き、重大な決断を迫られるという描き方が増えています。その意味では今回の家康もまたしかりです。まだ弱さがあるゆえに失ったものも多くはあったものの、その代わりに学んだものが後々生きて来るのでしょう。

飲み物ーアイスカフェオレ2
スポンサーサイト



[ 2023/06/28 00:30 ] 大河ドラマ どうする家康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud