fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  応天の門 >  『応天の門 1』在原業平少将、門上に小鬼を見る事その二

『応天の門 1』在原業平少将、門上に小鬼を見る事その二

『応天の門』あらすじその二です。藤原親嗣(ちかつぐ)の家の女官が行方不明になり、道真の友人の紀長谷雄が疑いをかけられる一方で、道真自身は権少将の在原業平と出会うことになります。

あらすじ

親嗣邸の女官が2人行方不明になったのは、鬼のせいであるという噂が都では流れていた。しかし、何事も理詰めで考える道真はそれに不審を抱き、しかも親嗣自身も事実を隠していた。道真は業平に連れられ、女官と思われる死体を検分するが、こらえられず戻してしまう。仕方なく業平が、道真の言うままに検分を進めたところ、
  • 死体の足の裏には、引きずられた跡がない
  • 体中があざだらけである
  • 髪の毛のにおいが、護摩を焚いた時のものである
実は業平も、その少し前に親嗣を訪ねた際、女官の手にあざがあるのに気づいていた。この3点がはっきりしたことで、道真は、この女官は事実隠蔽のため邸内で殺され、他殺に見せるために外に運び出されたことがわかる。しかも親嗣は、物忌みと鬼除けのため護摩を邸内で焚いていた。しかし業平は、既に権力者となりつつあった藤原氏が、この事件をもみ消してしまうことを懸念する。道真は食ってかかるが、業平は、女官の1人や2人のために、藤原氏に楯突く者はいないと道真をたしなめる。

これによって紀長谷雄は、条件付きながら釈放された。気の弱い長谷雄が、自白する前に釈放されたのは喜ぶべきことだったが、しかし驚いたことに、長谷雄は例の女官の行方を知っていると、業平と道真に話す。というよりは、長谷雄が小藤というその女官に言いより、振られてしまったのである。やけになった長谷雄が、小藤が入って行った双六宿の前に立っていると、そこで双六をしないかと店の者に誘われ、賭けをして借金をこしらえてしまう。さらに長谷雄は、小藤もあざを作っていたと2人に話す。

その店の主人の昭姫に、業平は小藤のことを訪ねるが、昭姫は首を縦に振らない。どうやら長谷雄が借金を返さないと教えないようである。そこで道真が、三番勝負で自分が勝てば借金は帳消しにしてくれと頼み、昭姫と勝負に出て、しかも漢語で昭姫とやりとりをし、ことの次第をつかむ。実は道真は、5年前に長谷雄から双六を教わったものの、つまらないとやめてしまっていた。業平は、そんな素人同然で大丈夫かと訝るが、実は道真が強すぎて、周囲の者が相手にならなくなってしまったのがその理由だった。結局道真はやすやすと昭姫に勝ち、そしてこう切り出した。
「鬼退治を手伝ってほしい」
 
 *************************
まず双六宿の女将、昭姫ですが、後漢から三国時代にかけての女性の詩人です。この女将の本名なのかどうかは定かではありませんが、なかなか妖艶で一癖ありげな女性です。しかし結構利害関係で一致すれば、協力しそうな人物でもあります。そして女官失踪の件、段々と事実関係が明らかになって来ました。この3つから道真は犯人像を割り出しますが、藤原氏に正攻法で行くことがかなわず、他のやり方を模索することになります。それがずばり「鬼退治」なのですが、さてどのようにするのでしょうか。それについてはまた次回にて。

そして道真君、流石に死体を目にすることには慣れていないようです。しかし戻してしまうなんて、『相棒』の神戸尊かと(苦笑)。子供を相手にすると蕁麻疹が出てしまう、湯川准教にも一脈通じるものがありますね。 
スポンサーサイト



[ 2015/10/20 00:30 ] 応天の門 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud