fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビーあれこれ-中尾亘孝氏2

ラグビーあれこれ-中尾亘孝氏2

先日の続きのようになりますが、再び中尾氏の発言について。

中尾氏が、サッカーのプロ化はうまく行かないと書いたのは、1991年発売の『15人のハーフバックス』でした。この中でサッカーには日本独自の理論がない、学閥の足の引っ張り合いが激しい、サッカーがワールドカップに出るより、日本がオールブラックスに勝つ方が、確率としては高いなどと書いていました。

その後このコメントは部分的に修正されましたが、ならば最初から、こんな書き方をするべきではなかったでしょう。尚サッカー代表は何度もワールドカップには出場していますが、ラグビー代表はまだオールブラックスに勝っていません。南アフリカには勝ちましたが。

バスケへの否定的な意見は、その前に出版された『おいしいラグビーのいただきかた』に書かれていました。バスケよりラグビーをやれといったことも書かれていましたが、当事者にしてみればここまで不愉快なものもないし、そこまで安易に他競技を否定するべきかとも思います。

尤も中尾氏はラグビーについて、ラインアウトのジャンパーが育たなければ、日本人はラグビーをやめた方がいいと言ったことまで書いているわけで、否定的な表現を使いたがるのは、本人の書き方の癖とも言えそうです。あるいは「ラグビーウォッチャー」であって記者ではないから、何でも書けると思ったのかも知れません。

確かにその当時、主に選手または監督経験者から見たラグビーに関する本、あるいはルール関係の本はあっても、こういう一応ファン目線で書かれた本はなく、その意味で割と受け入れられたのではないかと思われます。数日前の投稿でも書いていますが、この当時はまだ伝えたいものを伝えようとしていた感はあります。

しかしその後中尾氏の「守りたいもの」と「批判したいもの」がメインになるにつれ、それまでの路線から逸脱して行くようになります。初期の方向性をもう少し変えずにいたら、ほぼ同時に立ち上げた「日本ラグビー狂会」にしても、今なお継続されていたと思うのですが…。

ここの本も何となくマンネリ化して行き、2000年前後の時点で、メンバーであったラグビーライターの大半が姿を消してからは、中尾氏とお仲間のイメージが強くなって、この狂会の本も、2016年を最後に出版されなくなりました。結局2019年ワールドカップ関連の狂会本は、出版されずじまいとなっているようです。


飲み物-琥珀のエール
スポンサーサイト



[ 2023/02/27 00:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud