fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  リーグワン第5節結果その1とリーグワンクラブの分散

リーグワン第5節結果その1とリーグワンクラブの分散

ラグビー関連情報です。

まずリーグワン、先週末の結果です。「その1」とあるのは、D1とD2、3で試合の日程が異なるためで、このため今回より日程の書き方を改めています。(赤文字勝利チーム)

2023年1月21~22日
D1(第5節全試合、D1M25~30)
横浜キヤノンイーグルス 36 - 12 グリーンロケッツ東葛
ブラックラムズ東京 17 - 38 埼玉ワイルドナイツ
クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 25 - 21 コベルコ神戸スティーラーズ
花園近鉄ライナーズ 10 - 51 東京サンゴリアス
東芝ブレイブルーパス東京 63 - 25 トヨタヴェルブリッツ
三菱重工相模原ダイナボアーズ 27 - 27 静岡ブルーレヴズ

D2(第4節2試合、D2-M10及びM11)
日野レッドドルフィンズ 26 - 41 浦安D-Rocks
清水建設江東ブルーシャークス 10 - 29 三重ホンダヒート

D3(第5節1試合、D3-M9)
スカイアクティブズ広島 14 - 38 九州電力キューデンヴォルテクス

ダイナボアーズとブルーレヴズ、双方のエキサイティングなゲーム運びで引き分けです。ブルーレヴズは連敗をこの試合で止めています。と言うか、ダイナボアーズのゴールキックが決まっていれば勝っていたのですけどね。今シーズンD2昇格のブルーシャークスはまだ勝ち星がありません。そしてD3、スカイアクティブズのホームでの試合はヴォルテクスが勝利です。

そのヴォルテクスについて、こういう記事があります。

ラグビー九州が快勝で首位浮上、MVPにファインガ【リーグワン3部】
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/1043803/

実はこの記事が紹介された報道関係者のツイ、また他の関係者のツイなどでも、クラブが首都圏に偏っていることに言及されています。実際クラブをバックアップする企業が多く(これは大学も同じ)、そのためリーグワンでも半数近くが首都圏に拠点を置いています。と言うか「首都圏に拠点を置かない」クラブを探した方が早いです。

まず関西です。
コベルコ神戸スティーラーズ(D1、兵庫)
花園近鉄ライナーズ(D1、大阪)
NTTドコモレッドハリケーンズ大阪(D3、大阪)

そして東海。
静岡ブルーレヴズ(D1、静岡)
トヨタヴェルブリッツ(D1、愛知)
豊田自動織機シャトルズ愛知(D2、愛知)
三重ホンダヒート(D2、三重)

続いて中国。
中国電力レッドレグリオンズ(D3、広島)
スカイアクティブズ広島(D3、広島)

それから東北。
釜石シーウェイブス(D2、岩手)

最後に九州です。
九州電力キューデンヴォルテクス(D3、福岡)

これ以外の12クラブはすべて首都圏にあり、これは発足時に問題となりましたが、その内3つのクラブの名前に東京が入っています。
これと比較する形になりますが、たとえばJリーグ発足時の、所謂オリジナル10と呼ばれるクラブを見ると

鹿島アントラーズ
ジェフユナイテッド市原
浦和レッドダイヤモンズ
ヴェルディ川崎
横浜マリノス
横浜フリューゲルス
清水エスパルス
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島

となっています。こちらも10のクラブのうち半数以上は首都圏にあります。ただ鹿島は茨城県の鹿島町(現・鹿嶋市)が本拠地で、ここはそう規模の大きな自治体ではありません。市原市も現在の人口は26万人ほどです。

それを考えると、リーグワンのクラブは、Jリーグのそれよりも大規模な自治体に本拠地があるのが特徴と言えます。この2つの自治体に似たリーグワンのクラブ本拠地と言えば、釜石市とか鈴鹿市(三重ホンダヒートのホーム)、活動休止(アカデミーは継続)しましたが、宗像サニックスブルースがあった福岡県の宗像市などでしょうか。

確かにラグビーは大人数でしかも選手のケガが多く、お金もかかるスポーツではありますが、いつまで経っても企業任せだと、トップリーグ時代と大して変わりません。それとこれは前にも書きましたが、リーグ側がもっとクラブに対して主導権を持つべきかと思います。リーグワン所属クラブの、本拠地の見直しが今後図られるかどうかは不明ですが、せめて北海道や北陸、山陰、四国などにクラブを分散させる方向に持って行くべきでしょう。

現状のままでは、国内でも人気のある地域が極めて限られてしまうことになりかねません。そのために、セカンダリーホストエリアやフレンドリーエリアなどを設けていますが、本来はクラブの本拠地を置くべきであろうとは思います。

Bリーグ(https://www.bleague.jp/)も全国的な展開をしています。バスケットボールの場合は、Bリーグ以前から全国展開されていましたが、このサイトを見ても、かなり全国に散らばっている感があります。無論ラグビーとは異なるスポーツであり、一概に比較はできませんが、リーグワンもBリーグの半分程度でいいので、もっと全国レベルでの展開が望まれます。


飲み物-バーのビール
スポンサーサイト



[ 2023/01/24 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud