fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 82その2

『鎌倉殿の13人』に関しての武将ジャパンの記事について思うこと 82その2

『武将ジャパン』大河コラム、第44回後半部分関連記述への疑問点です。


鎌倉殿の13人感想あらすじレビュー第44回「審判の日」 - BUSHOO!JAPAN
(武将ジャパン)
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/11/21/172147

1.空々しく公暁が反論しても、八幡宮の別棟として、鎌倉殿を支えることが天から与えられた道だと諭します。

些細なことではありますが、「別棟」ではなく「別当」ですね。昨日の「馬を用意している」(実際は「蓑を用意している」)もそうですが、この手のミスが今回もいくつかありますね。

2.圧倒的な北香那さんの演技。感動が押し寄せてきてたまりません。
彼女は、権力などどうでもいい。我が子を愛したい。そんな母親です。実衣やりくとは違う。

出演者の評価ならここでやるのではなく、後の総評の方でやってもいいかと思います。それとつつじの場合、権力を持とうにも持たせてもらえなかったのも事実で、だからこそ息子への愛を貫くことができたのでしょう。

3.当初の薄緑色の衣装を着て、ニッコリ笑っていた義時はもう遠い。
誰が見ても悪くなったからこそ、こんなやりとりに説得力があります。脚本を書く側と、演じる側。その双方に信頼関係がなければこうはいかないと思います。
義時は悪いけど、三谷さんと小栗さんの関係はとても善いと思います。

「脚本を書く側と、演じる側。その双方に信頼関係がなければこうはいかないと思います。義時は悪いけど、三谷さんと小栗さんの関係はとても善いと思います」
どの大河でも脚本と主演とは、大体こういう関係ではないのでしょうか。それと、こういうのもあらすじの途中で書くべきなのか、どうか。

4.雪の朝。
義時が政子と対峙しています。

この1月27日、朝はまだ雪は降っていないはずです。警備担当の時房が空を仰いで、降らなければいいのだがと心配しているシーンがあり、午後、政子と実衣が出かけようと言う時になって雪が降り始めていますね。しかもこの後で、
「夕方に降り始めた雪が積もり始めています」
ともあり、何か矛盾しているように見えます。

5.「正しいと思った道を選んでここまでやって来た。そうではないのですか。今さら誰に何を言われようとひるんではなりません。私たちは正しかった。いつだって」
闇そのものがうずくまっているような義時の顔。存在感。
言葉とは裏腹にまっすぐな気持ちがまるで感じられないのは、先ほどの実朝と比べてみるとよりわかるでしょう。

「まっすぐな気持ちがまるで感じられない」
だから何なのだ、と思うのですが…。この時代まっすぐに生きていたら生き残れないからこそ、幼なじみの御家人をも騙し討ちにし、北条の地位をゆるぎないものにしたわけであり、そして政子も本意か不本意かは別として、そのやり方を認めざるを得なかったからこそ、今の尼御台としての彼女があるわけでしょう。公式がそう言うのならまだしも、あまり闇闇言うのもどうかと思いますし、実朝はそれができず、なのに鎌倉殿という高い位置にいたからこそ、狙われるもととなったのですが。

6.なんせトウは、頼家暗殺の当事者です。仲章に口を割られたら一巻の終わりとなるかもしれない――そうした状況を踏まえ、必ず吐かせてみせると勝ち誇る仲章。

これ「口を割る」のは仲章でなく、トウではないかと思うのですが。それと仲章は、義時が頼家暗殺の黒幕と気づいてはいたでしょうが、トウが関わっていたことを知っていたでしょうか、恐らく刺客が自分を狙いにくることはわかってはいたでしょう。

7.これまで目立ってきた母親像が、損得ありきのりく、実衣、のえだったせいか、あまりに真っ直ぐな彼女たちには胸が痛くなるばかり。

別に損得ありきの母親でもそれはそれでいいのです。彼女たちもまた、のえ以外は夫とはそこそこ円満な関係であったはずです。逆に真っすぐでないからこそできたこともあるのですが、なぜか彼女たちのそういった部分を評価しませんね。それと実衣は、本当に権力好きなのか迷うところです、言ってはなんですがその割に才覚というものをあまり感じず、身内に守られて生きて来た感がありますので。

8.一方、北条義時は空っぽだ。
前半は散々「全部大泉のせい=頼朝が悪い」と言われていましたが、後半になると「主役は泰時ではない」と言われてしまう。

この後に新聞記事のリンクがありますが、その見出しには
「NHK大河「鎌倉殿の13人」いつの間にか主人公交代…小栗旬「義時」→坂口健太郎「泰時」へ」
とあり、「主役は義時ではない」が正しいようです。これもケアレスミスなのかも知れませんが。

9.便宜上、大河には主役がいますが、実際には群像劇であることも往々にしてある。

群像劇だから主役がいないわけではなく、それぞれのパートの核になる人物がちゃんといます。
群像劇大河の典型と言うべき『国盗り物語』(多分武者さんは観ていないでしょうが)には、
斎藤道三→織田信長
葛籠重蔵
雑賀孫市
といった感じで、異なったいくつかのパートで、メインとなる登場人物がいました。

10.そしてもうひとつ。義時には思想がない。
空っぽゆえに歴史上、果たすべき役割が入り込んでくる。ゆえに本人は空洞。

思想がないからこそ、ここまであれこれと策を弄することができたのでしょう。無論まだ思想も学問も不在ではありましたが、義時が体を張って世の中を安定させた後に、嫡子泰時がその部分を埋めることになったとも言えます。

11.それに反して泰時は、思想がある光秀と同系統の人物といえる。

それとこれとはちょっと違いますね。光秀は結局は主君を殺して墓穴を掘ったとも言えますし。『麒麟がくる』を出したいのだなとは思いますが。

そしてバーナード・コーンウェルの『神の敵アーサー: アーサー王物語』の説明、これが承久の乱につながるものがあるとして、やけに長々と書かれています。正直に言って、比較するにはちょっと…と思われるのですが、ここでは省きます。そしてここで気になったのが

12.アーサー王はイギリス人の国民的英雄なのに、神の敵とは何ごとか?
要するにキリスト教の上陸前、ケルト民族の神を信じているから「神の敵」なのです。

アーサー王は、元々はアングロサクソンではありません。ケルト民族の一派であるブリトン人とされています。ただアーサー王物語には、キリスト教の王として描かれていたりもします。

13.ゆえに、こういう心を掘り下げる作品は、今後、増えると思います。
役者さんは演じるにあたり、脚本を受け取って、この役はどういう心なのか考えて、水の中に飛び込むように入り込んで演じるのだと思います。
(中略)
そうして脚本の中に描かれた心と、演じる役者の心と、見る者の心が触れ合って、ハーモニーとなってずっと響いている。
そういう次元に、このドラマは到達していると思えます。だから面白くないわけがない。

私としては面白い部分もあればそうでない部分もあるし、殆どの大河、ひいては映像作品とは、観る人によって評価が別れると思います。武者さんがこう書くのは、三谷さんの作品だからと言うのも多分にあるでしょうね。

14.でも、そもそも戌の神様って?
今週でてきた十二神将像を調べていたら、困惑したので書きますね。
十二支とは?
中国の戦国時代以来のもの。
十二神将とは?
仏教由来で、干支と組み合わせた。
ちなみに中国と日本では異なります。
つまり、インド生まれの仏教と、中国生まれの十二支と、組み合わせたもの。それを日本人が独自解釈して敬っている。

十二神将は中国大陸伝来で、かの地では十二支と結び付けて信仰されており、日本でもそれにちなんで、十二支を採り入れた姿で表現されています。この十二神は、元々はインドの神話に登場する魔物で、中国大陸に仏教が入った際に十二支と結びついたという説もあります。いわでもですが薬師如来の守護神です。

で、その後
「もうこれだけ神がいるなら、義時もなんとかなりますって!」
前回の分では、酷い最期を期待と書かれていたのですが…。

飲み物-レッドビール
スポンサーサイト



[ 2022/11/25 01:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(2)
おはようございます
ブログ主様が指摘されている項目の8及び10についてです(なお8について義時と泰時を取り違えているのは、やはり小檜山氏のケアレスミスでしょう)。

まず小檜山氏は『老子』第5章の「天地は仁ならず、万物を持って芻狗と為す」を引用します(なお、ここで「持って」とあるのは「以て」の間違い。例えば「和を持って貴しと為す」なんて書いたら、ライターとして恥ずかしいはず)。
「芻狗」が「儀式で使う藁でできた犬人形」というのは小檜山氏のいうとおりなのですが、その意味するところは【祭礼に用いられるもので、祭りのあいだは手厚く並べられるが、祭りがすむとわらくずとして棄てられる。】(金谷治『老子』29-30頁)というもの。
この小川環樹先生はこの一句を【天と地に仁み(いつくしみ)はない。(それらにあっては)万物は、わらでつくった狗のようなものだ。】(小川『老子』16頁)と訳し、金谷先生は前掲書でこの一句の意味を【無為自然のはたらきが、人情や徳目をこえた非情なものであることを述べようとする喩え】と述べています。

小檜山氏の文章を全体として把握すれば、「義時には仁や慈しみの心などの思想性はない。空っぽだ。用済後の人物を無慈悲に棄てる。」と言いたいようです。
この義時評の妥当性はさておき、小檜山氏は『老子』を紹介した直後に「この芻狗(すうく)とは、儀式で使う藁でできた犬人形なのですが……頼朝が死んだあと、義時はこの藁人形になってしまったと思えます。義時は不気味です。空っぽです。」と述べています。
つまり「藁人形だから空っぽだ!」と言いたいようです。

しかし『老子』の趣旨は、仁や慈悲などの観念を持たず「空っぽ」なのは「天地」の方で、その天地によって「芻狗」のように弄ばれるのは「万物」です。
義時を「用済みになった芻狗」を棄てる「天地」のような人物というならともかく、「空っぽの藁の犬」自体に例えてしまっては、義時が棄てられて生き残れない側になってしまいます。
結局、小檜山氏は『老子』の意味をきちんと理解しないまま頓珍漢な比喩を用いているわけで、これでは「漢籍マウントをとること自体が目的だ」と言われても仕方がないでしょう。
[ 2022/11/25 08:04 ] [ 編集 ]
ご指摘感謝します
元テンプレ厨(元某掲示板武者スレ住人) 様

こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。

>しかし『老子』の趣旨は、仁や慈悲などの観念を持たず「空っぽ」なのは「天地」の方で、その天地によって「芻狗」のように弄ばれるのは「万物」です。
義時を「用済みになった芻狗」を棄てる「天地」のような人物というならともかく、「空っぽの藁の犬」自体に例えてしまっては、義時が棄てられて生き残れない側になってしまいます。
結局、小檜山氏は『老子』の意味をきちんと理解しないまま頓珍漢な比喩を用いているわけで、これでは「漢籍マウントをとること自体が目的だ」と言われても仕方がないでしょう。

この天地と芻狗に関してのご指摘ですが、私は当該部分で
「そしてもうひとつ。義時には思想がない。
空っぽゆえに歴史上、果たすべき役割が入り込んでくる。ゆえに本人は空洞」
の部分だけ取り上げていたため、肝心のこの部分に言及しておりませんでした。今回コメントも下さったことですし、改めてこの武者さんの勘違いについて書ければと思います。

仰るようにこの時の義時は、既に無慈悲な存在とも言うべき天地であり、彼によって粛清された御家人などが芻狗とあるのなら意味が通じます。なのにそうなっていない。しかも義時は空っぽだから思想もない、一方泰時は思想を持つ明智光秀と同系統だなどといった意味のことが書かれています。泰時と光秀を比較するのもどうかと思いますが、武者さん的にはやはりそうしたいのでしょう。

そしてこれも元テンプレ厨さんのコメントにありますが、生半可な知識のまま有料記事に書いてしまい、結局マウントにしかなっていない(あるいはマウントにさえなっていない)というのは、どうにかならないものかと思います。あと全面肯定か全面否定のどちらかのみというのも、これまたどうにかならないかと思いますが、このコラムが続く限り、ずっとこのままなのでしょうね。

是々非々という言葉がありますが、どの作品にも評価すべき箇所と批判すべき箇所があり、そこを指摘してこそのライターでしょう。十二神将の定義もちょっとおかしいし、ドラマ本編をきちんと観ているように見えないのも残念だなと思います。

私も今年1年間、このコラムを毎週見て疑問をぶつけて来ました。『鎌倉殿の13人』もあと4回となり、このコラムも総集編を入れて5回程度と思われますが、ひとまずそれで武者さん関係は終わりたいと思います。来年はどうなるかわかりませんが、毎年やるのはちょっとしんどいですね。他に書きたいこともあるし。

あとこのようなことをここで書くのも何ですが、以前「何かを見た」というタグを教えていただいて、色々参考にさせていただきました。興味深い指摘をしている方もいて楽しめたのですが、今はまた自分であれこれと考えるようになっています。教えてくださったことには感謝しています。
[ 2022/11/26 01:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud