fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『舞いあがれ!』第8週「いざ、航空学校へ!」第4話

『舞いあがれ!』第8週「いざ、航空学校へ!」第4話

先日の『舞いあがれ!』ナンバリングが違っていたので訂正しています。尚それ以外の投稿も一部手を加えています。


航空学校の座学過程も半分が終わり、残り2か月となっていた。ある日空中航法の小テストが行われ、舞は75点と前よりも点数を上げたが、Aチームの学生は高得点が多く、柏木は
「その点でよく喜べるな。この回期の平均点を一人で下げてることに変わりはない」
とあけすけな物言いをする。倫子は舞を風呂に誘うが、あの人に負けてられないからもう少し勉強すると舞。

ほどほどにしないとお肌に悪いわよと倫子は部屋を出ようとする。すると廊下で声が聞こえ、中澤が吉田を追いかけているのが2人の目に入る。吉田の母がパート先で倒れて入院したらしく、吉田は故郷の金沢へ帰ると言う。こんな時間に飛行機はないと中澤。しかし倫子は最終の羽田便があるから、明日羽田から小松まで行くのが一番早いと言い、3人は吉田を見送る。

中澤曰く、吉田の家は母子家庭で頼れる親戚もいないらしい。教官には俺から話しとくと言い、舞は部屋に戻る。その時携帯が鳴った。それは浩太の工場の番号だった。新しいこと山ほど覚えなあかんねんと言う舞に、新しいことっちゅうんは大変やなと浩太もうなずく。しかし舞は、いつもの浩太とどこか違うことに気づく。浩太は自動車向けの新しい仕事を引き受けようとしていたが、これにはかなりの投資が必要だった。

しかし舞は、どんだけ大変やってもうやりたいことやるお父ちゃん、私はええと思うよと言う。浩太は満足そうに電話を切るが、めぐみにその話を聞かれており、一部始終を打ち明けることになる。浩太は名神プレスティックという大手メーカーに勤める友達から、自動車の部品を勧められたのである。今のうちでは無理だとめぐみ。

浩太も、設備投資と従業員増員のため新しい工場を建てようとし、それにはざっと3億円が必要だった。浩太はできるめどがついてから話をしようとしていたと言うが、もう決めてんでしょとめぐみに言われてしまう。今のIWAKURAやったら、自動車部品かてやれると浩太は自信ありげだった。

1か月後。各チームはグループ課題をやることになるが、Aチームのは難易度が高かった。その頃吉田が戻ってくる。は親がやっと退院でき、学校に戻ったが、1か月のブランクは大きく、次の期からやり直した方がいいと都築に言われる。しかし吉田の家は経済的余裕がなく、最早退学するしかなかった。

残念だなと皆は言うが、舞は吉田がやめずに済む方法を考えようと仲間を促す。しかし1か月授業に出られず、最近習ったことを元にした課題について来るのは難しそうだった。

吉田はやめる決意をしていた。パイロットになり、飛行機に乗ったことのない母親を、海外旅行に連れて行くのが夢だったと言う。舞は吉田のために何もできなかったことを詫びるが、気にすることはないと言い、寧ろ自分が迷惑をかけたことを詫びる。そして3冊のノートを手渡す。それには、先輩から過去の課題を聞いて、母親の看病の合間にまとめたものだった。

舞はそのノートをAチームのみんなに見せ、吉田君やったら、今からでも遅れた分取り戻せると思うと言い、授業に遅れていないことの証明として、ノートを都築に見せる。無論それで1か月の穴が埋まるわけではないものの、舞は吉田のパイロットへの情熱を都築に話してフォローしようとする。しかし都築は必要な知識を身に着けている必要があると言う。

そこへ倫子が、遅れていないということを証明できればいいわけですねと言い、柏木は特別テストを受けさせて貰えないかと頼む。1か月の空白分のテストと中澤。同室の中澤は吉田がずっと予習をしていたことを打ち明け、吉田自身も直訴し、一同は都築に頭を下げる。


座学が後半に入ったところで、吉田が1か月休んでしまいます。母親の急病で故郷へ戻ったためでした。一方舞の父浩太は、自動車部品の仕事を手がけようとします。しかしそのためには工場の建設と従業員の雇用が不可欠で、3億ほどはかかるものでした。めぐみは驚きますが、浩太が既に心を決めているのがわかります。ただこの年からほどなくして、例のリーマンショックとなるのですが…ここで悠人が出て来るのでしょうか。

吉田はその後学校に戻って来ますが、1か月休んだ穴を埋めるには、次の期から出直す必要がありました。しかし吉田の実家はそこまでの経済的余裕がなく、退学を決意します。しかし舞は、吉田が渡してくれた3冊のノートに、課題がすべてまとめられているのに気づき、これだけやってみれば、ブランクを取り戻せると都築に皆で掛け合うことにします。彼が教官の質問に見事に答えたのも納得です。しかし、無論都築はあまり乗り気ではありませんでした。

この吉田は地味な学生で、他の学生たちとは違い、母一人子一人の家庭で育ったのが明らかになります。パイロットになって母親を海外旅行に行かせたいと言うのも、母親に苦労をさせたという思いがあってのものでしょう。一方で柏木は、相変わらず口が悪いと言うか、思ったことをすぐ口に出すタイプのようですが、吉田の退学と、課題をノートにまとめていたことを知り、自分も吉田の力になろうとします。

この吉田が帰る時、どうやって帰るべきかを倫子が説明します。まず宮崎から羽田まで行き、翌日羽田から小松まで飛ぶというもので、飛行機がテーマと言うこともあるのでしょうが、こういうことがきちんと描かれているのはいいですね。

それと、先日のお好み焼きに関して、ある方のツイートをご紹介しておきます。個人のアカウントなので名前は出しませんが、ざっと以下のような意味です。

「食べ物をダメにするシーンが登場すると荒れがちになるが、ちょっとダメ出しをし過ぎではないか。あまり出すのもよくないが、ダメにしてしまうというのは失敗というのを意味する表現方法で、絶対使ってはいけないものではない」

まして舞の場合、プロの料理人でもありません。またこのドラマは過程をきちんと描いていますが、この場合も焦げて行く過程、なぜそのようになってしまったのが描かれていて、これなら特に問題はない、寧ろやむを得ないと思われます。あまりこのことを引きずるのもどうかと思いますが、たまたま見つけたツイをご紹介しがてら、書かせていただきました。

そしてこのお好み焼きに関して、小檜山氏のnote記事より。

舞がお好み焼きを焼く時点で、こいつはパイロット適性もないし、正真正銘愚かでどうしようもないとわかりました。竪子ともに謀るに足らずってやつ。

お好み焼きを焼くと、パイロットの適性がないのでしょうか。随分と失礼な言い方ですね。お好み焼きが好きとか、自分で作りたいと言うパイロットの方も、世の中にはいるのではないでしょうか。それと
「竪子ともに謀るに足らず」
小檜山氏=武者さんはとにかく漢籍がお好きなようですが、これは「小僧と共にはかりごとなどはできない」と、『鴻門之会』で、亜父(范増)が嘆く言葉です。それとこのシーンとどういう関係があるのでしょうか。舞は何か陰謀でも企てているのでしょうか。


飲み物-コーヒーと砂糖とミルク

スポンサーサイト



[ 2022/11/25 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud