fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  日本VSサモアそして強豪国

日本VSサモアそして強豪国

明日はミルトン・キーンズで日本代表とサモアの試合です。ここで勝って、決勝トーナメント入りを目指してほしいところですが、サモアもフィジカル面が強いし、個々の突破力はかなりのものです。いわゆるアイランダー勢(サモア、フィジー、トンガの3国)の中でも手ごわい相手です。無論、それを如何に封じ込めるかにこの10日間が費やされて来たのでしょう。その成果を見せてほしいものです。一方「死のプール」ことプールAでは、開催国で優勝候補であるイングランドがウェールズに負け、明日の豪州戦に勝たないと決勝トーナメント入りが難しくなります。こちらも開催国、ひいては母国の意地で負けるわけには行かないのですが、もし勝っても、得失点やトライ数によっては敗退の可能性もあります。

さて、 優勝候補の一角であるニュージーランド(NZ)は、比較的楽なプールということもあって悠々と勝ち続けています。しかしNZがかつて優勝したのは、母国での大会のみです。すなわち、1987年の第1回と2011年の第7回のみで、あとはベスト4には入っても、優勝トロフィーであるウエッブ・エリス杯には手が届いていません。そして、NZは過去2回、フランスに優勝への道を遮られました。1つは1999年のウェールズ大会で、この時NZは多少慢心していたともいわれ、本来勝てるはずのフランスとの試合をあっけなく落としました。その後3位決定戦では宿敵南アフリカにも敗れ、失意の4位で帰国しました。この時ショックを受けたのは、彼らを支持する子供たちでした。自分たちのヒーローが連敗したことで、小児心療内科の患者が増加したといわれ、その年の総選挙にもこの敗戦が影を落としたともいわれています。

NZのもう1つのフランス戦黒星は、2007年大会でした。この時は準々決勝で開催国のフランスに敗れ、その後の代表監督を巡って、かなり議論が交わされたようです。結局監督はそのまま留任し、その後チームを再建しましたが、特にNZの場合、オークランドを中心とする北島と、クイーンズランドを中心とする南島が対立することがしばしばあり、 それが監督人事に影響を及ぼすこともあります。この辺は、なかなか日本人のファンには理解しがたいものがあります。また豪州も、かつてはシドニーを中心とするニューサウスウェールズと、ブリスベンを中心とするクイーンズランドが二大勢力だったこともありました。ちなみにもう1つの南半球の雄である南アは、対立構図はともかく、南北で移民してきた人々や言語が違い、北の方がオランダ系、南の方が英仏系で、それに先住の人々が混じる形になっています。ちなみに南アの白人選手のルーツで多いのは、オランダ系とフランス系、そしてイギリス系です。
スポンサーサイト



[ 2015/10/02 23:37 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud