fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『舞いあがれ!』第7週「パイロットになりたい!」第5話

『舞いあがれ!』第7週「パイロットになりたい!」第5話

第7週第5話(第35回)です。

舞がパイロットになるため、大学を中退して航空学校に通うことに、浩太もめぐみもOKを出す。その頃久留美は母親の久子と会い、今までくれたバースデーカードを見せて礼を言う。大事に持っててくれたんやねと久子。

久留美は、なぜ久子が父佳晴と自分を置いて出て行ったのかを尋ねる。久子は置いて行ったのではなく、佳晴がラグビーを引退して会社を辞めた時、立ち直るまで面倒を見ようと看護師に復職したのである。

しかし佳晴は立ち直ろうとせず、このままでは駄目になると、久子は実家へ帰ることを決める。しかし佳晴はこう言ったのである。
「せえせえするわ。お前と一緒になれへんかったら、俺もっとマシな人間やったって」
しかも久子が出て行こうとした時久留美は、自分から父といると言ったのである。

久留美は自分が行かなかったら、久子は戻ってくると思っていた。ホンマは戻って来てほしかったと久留美。久子は何度も帰ろうと思いつつ、1人で生きる道を選んだのである、薄情な母親でごめんなと久子は言う。久留美は、お母ちゃんの気持ち、ちょっとわかる気ぃすると言い、父が変わっていないこと、仕事も続かないこと、自分で努力しないことを打ち明け、だから自分は頑張っていると言う。

久留美はお父ちゃんとおると言ってしまった以上、頑張らざるを得なかった。久子は久留美の横に座り、その背中を撫でる。久留美はたまにしんどいねん、ずっとこのままなんかなって思たら、私、幸せになれるんかなあと涙を流す。久子は娘に、こんな思いさしてしもてごめんと謝り、ホンマによう頑張ってんねんなあと励ます。久留美は母と同じ看護師を目指し、看護学校に通っていることを伝える。

大阪では、貴司がうめづに戻って来た。雪乃は駆け寄り、どれだけ心配した思てんねやと貴司を小突く。こんなことになる前に、何で言うてこうへんかったんと言う雪乃を勝が、無事に帰って来てくれたんやと止め、まだしんどいんかと尋ねる。貴司はどないして生きて行くか考えたいと口を開く。雪乃は普通に幸せになってもらったらいいと言うものの、貴司にはその「普通」が難しかった。

そんなこと今まで言っていないと言う雪乃に、我慢していたと貴司。しかしもうそれはやめたい、旅しながらその土地で働いて居場所を探したいと言う。分れへんと雪乃、勝も分からなかったが、お前がそう言うんやったらやったらええ、ほんで答え見つかったら教えてくれと貴司に言う。さらに勝はこうも言う。
「お父ちゃんもお母ちゃんもな、お前のこと分かりたいねん」
雪乃も結局うなずく。

貴司は勝と雪乃に礼を言う。こっからおらんようなってもな、お前とバファローズはいつまでも俺の希望の星やでと勝。何かっこつけてんねんな、しょうもないこと言うやろ父ちゃんと言う雪乃に、貴司もいくらか気持ちがほぐれた。そして五島のさくらのみじょカフェに、舞と一太の父信吾が来ていた。大阪へ帰る舞に、もう帰るのか、どうしてみんなすぐ行ってしまうのかとさくら。

さくらの彼のむっちゃんも、やっと一緒になれたと思ったら、新しい仕事で海外に行くことになったのである。若い子が島から出て行くと信吾。役場の職員である信吾に、どうかしてくれとさくらは言うが、よか知恵出てこんとさあと信吾。舞は一太の将来について信吾に尋ねるが、一太は豪の造船所で仕事をしたがっているようだった。舞はその一太を訪ね、一太は貴司を舞の婚約者と勘違いしていたことを知る。

さっきまでかなり落ち込んでた、舞ちゃんのことば好きやったもんなと豪。その一太は舞に何になりたいかと訊き、舞はhジェット機のパイロットだと答える。その頃才津家では浩太が仏壇に線香を上げていた。そして浩太はめぐみを勝手に大阪に連れて行ったことを詫び、今までやってこられたのはめぐみのおかげであること、めぐみを幸せにするつもりが、幸せにしてもろてたと言う。

その分お義母さんには、さみしい思いをさせて申し訳ないと頭を下げる浩太。祥子はめぐみはすぐ帰って来ると思ったら、蹴って来なかった、それがさみしくてうれしかった、あん子も頑張ったとやろと言い、浩太にめぐみを幸せにしてくれてありがとうと、やはり頭を下げる。そのやり取りをめぐみが聞いていた。

浩太とめぐみ、そして舞は祥子のめぐみ丸で福江島を目指す。途中祥子は操縦席から、飛行機が飛んでいることを舞に教える。舞はそれを見ながら、きっと飛んだるでと心に決める。


舞のパイロットの問題は一応決着しましたが、久留美、貴司そしてめぐみと祥子の親子のいきさつが描かれて行きます。久留美は自分が東大阪に残れば、母の久子は帰ってくるだろうと思ってはいましたが、結局そうはなりませんでした。久留美のこの、出て行った家族を待つ気持ちは、祥子がめぐみが帰って来るだろうと考えていた、その気持ちとどこかダブります。

そして自分がここに残ると言い出した以上、頑張らざるを得なかったと言うのは、貴司が両親に本心を打ち明けらなかったことと、どこか共通するものがあります。難を言えば、最初久留美はなせ父と自分を置いて行ったのかと尋ね、その後で自分が残ったら、お母ちゃんは戻ってくると思ったと言っています。当該シーンを見ても、久留美は久子から置いて行かれたのではなく、自分で残る選択をしています。

この辺りがちょっとわかりづらいように思います。「お父ちゃんと私」でなく、「お父ちゃん」を置いて出て行ったのはなぜだったのか、そういう風に持って行った方が、わかりやすくはあったでしょう。

そして貴司です。舞が人力飛行機のパイロットを務め、それがきっかけになって旅客機のパイロットを目指し、久留美が母と同じ看護師を目指したのに比べると、貴司にはそういう動機付けはなく、それもまた彼が悩んだ一因ではあるでしょう。一方で一太の夢は、子供の頃から世話になった豪への恩返しでしょうか。

しかしバファローズ解散が、このような形で描かれるのですね。スポーツというのは、たとえチームがなくなっても、そこの人々に与えたものはかなり大きいです。また佳晴さん、いくら自分が無気力で心折れた状態であっても、奥さんにああ言うのはよくありません。それとカードの電話番号、多分久留美もこの番号にかけたのでしょうが、市内局番が二桁になっています。もちろん福岡市の市内局番は三桁ですが、既存の番号とのダブりを避けたのかも知れません。


飲み物-コーヒーとマドレーヌ
スポンサーサイト



[ 2022/11/19 07:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud