fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  『鎌倉殿の13人』第41回「義盛、お前に罪はない」あらすじと感想-1

『鎌倉殿の13人』第41回「義盛、お前に罪はない」あらすじと感想-1

第41回前半部分です。

和田館。実朝に戦は起こさぬと約束していた義盛は、息子たちが大江広元の館へ向かったことを知って驚く。しかし朝比奈義秀は、寧ろ相手は安心しており好都合、勝機はこちらにあると意気軒高だった。義時を騙したことになると義盛は言うが、今倒しておくべき、既に屋は放たれたと周囲が騒ぎ立て、ついに義盛は立ち上がってこう明言する。

「我らの敵はあくまでも北条。この戦、鎌倉殿に弓引くものではない。それだけは肝に銘じておいてくれ!」
「鎌倉殿に指一本でも触れたら、ただじゃおかねえぞ!」

双六に興じる義時の前にトウがやって来てこう伝える。
「和田の館から軍勢が東へ向かいました」
盤上の駒を薙ぎ払う義時。

義盛は三浦義村に、お前と義時は幼い頃からの友、向こうに付きたいのなら構わない、ここぞという時に寝返られたらたまったもんじゃないと言う。さらに通じてるんだろと言う義盛に、なぜ斬らぬと義村。俺たちだっていとこ同士じゃねえかと義盛は答え、その代わり戦場では容赦なしだと言う。義村は弟胤義ら仲間に、北条につく旨を伝える。

長沼宗政は起請文はどうすると尋ねる。そして八田知家の提案で、一同は水を無理やり飲んで胃の中の物を吐き出す。義村は義時の館に向かい、和田勢が大江館、義時の館そして御所を狙う手筈になっていると教える。ここにもかと言う義時に、向こうの狙いはお前だと義村。義村は信じるか否かは勝手だが、俺を信じなければお前は間違いなく死ぬと警告する。

義時は義村に南門、時房に北門を固めさせる。西門の指揮官は泰時だった。そして義時は、実朝を八幡宮の別当房へ移す予定でいた。鎌倉の行く末は、この一戦にかかっていた。また義時はのえと子(後の政村)に、実朝たちと八幡宮に逃れるか二階堂の館で匿って貰うを決めさせる。のえは離れたくないと言うが、義時は敵の目当ては実朝で、かなり危険だが構わぬかと問う。結局のえは二階堂に戻る。

また和田館では巴が、まだ役に立てると義盛に直訴するが、巴御前が戦場に立てば、手柄を立てようと躍起になった奴らに囲まれてしまうと義盛は言う。戦で死ねば本望と言う巴に、俺が死んだ時に言えと義盛。俺は生きて帰る、その時にお前がいないと困ってしまうと言う義盛に笑顔を見せる巴。そして義盛は兵たちに向かってこうい言い放つ。
「目指すは将軍御所!奸賊北条義時に鎌倉殿を奪われてはならん!」

その頃御所では義時と知家が何やら話していた。実朝の姿が見えないのである。廊下に出た義時の前に、何とか館を抜け出した大江広元が現れる。頼朝以来の文書や記録を、政所から八幡宮へ移すつもりだった。しかし実衣は御所を出るのをいやがり、政子は、和田を追い込んだのはあなただと義時を責める。その時知家がやって来る。実朝の居場所がわかったのである。実朝は御所の一室に千世、三善康信そして阿野時元と実を潜めていた。

戦にはならぬはずではなかったのかと実朝。義盛に謀られたと義時は言い、一同は八幡宮へ移る。一方泰時は酒のせいで昼間から寝ており、太郎起きてと初に起こされ、和田が御所を襲うことを知らされる。西門を守るはずであるのに泰時は我関せずで、水を飲んてまた寝てしまう。朝時は呆れるが、盛綱は泰時は酔いが早いと答える。真面目一徹の兄上に、こんな面があるとはと朝時。

私にだって悩みはある、なぜ私に指揮をと愚痴る泰時に、信じているからに決まっていると朝時。さらに朝時は期待されて生きるのがそんなにつらいのか、期待されずに生きているやつだっている、そいつの悲しみなんて考えたことねえだろと泰時を怒鳴りつける。そこへ初が桶を持って現れ、桶一杯の水を泰時に浴びせる。

実朝たちは八幡宮へ逃れるが、実衣は「今度こそ、死ぬ!」と声を張り上げる。やがて和田勢が南門から入り、義村は「和田義盛、謀反」と叫び、義盛は鎌倉殿をお救いしろと言い、両者が相討つ。盛綱は敵の来襲を泰時に知らせる。泰時は、実朝が八幡宮に移ったことは伏せていた。戦は延々深夜まで続き、八幡宮からそれを見ていた実衣は、御所に火の手が上がったと知らせ、燃え尽きてしまうのと尋ねる。戦だからなと義時。

千世に、ここにいたら大丈夫ですと康信は励ますが、政子は義時に、結局はあなたの思い通りになったとささやく。戦は大義名分のある方が勝ちと言う義時に、勝てるのかと実衣は尋ねる。しかしこれによって、和田についていた御家人は離れて行った。そこへトウがやって来て、義時は席を外す。すると実朝が、忘れ物をしたと言う。鎌倉殿の証しのドクロを忘れたのである。あれはもういいと政子は言うが、すべてはあれから始まったと実朝は気にしていた。

するとそこへ書類を持って来た広元が現れ、その役目を自分が請け負うと言う。このこと生涯忘れませぬと、広元の手を取る政子。広元は御所の中で敵を斬り防ぎ、ドクロを手にして身を隠す。義盛は手勢を連れてやってくるが、実朝が見当たらないことから退却する、泰時は畠山の時もそうだったが、なぜ御家人同士で戦わねばならぬとまた酒をあおる。これで最後になると時は言う。

盛綱は、太郎の勇猛果敢な戦いぶりを見たか、この人は酒が入った方がいいのかもしれないと朝時に言うが、わずかな酒量で酔って座り込む泰時を見て、弱すぎるだろうと朝時。

夜が明けた。御所の実朝と千世、康信そして北条家の人々は、部屋の中央に置かれたドクロを観ていた。いっぽう和田勢は由比ヶ浜まで退却し、そこで態勢を立て直す。


サブタイが何やら昔の時代劇のそれを思わせます。義盛の息子たちが大江館に向かい、戦わざるを得なくなった義盛は、北条は討つが鎌倉殿は助けるようにと兵に命じます。この鎌倉殿、つまり実朝の扱われ方を見ると、幕末大河の朝敵認定とやはりダブるものがあります。この点に於いて、この時期の鎌倉は未だ乱世と言うべきで、どちらが大義名分があるかが物を言う状況でした。何より、義時自らがそういう状況を作り出していたと言えます。

そして実朝は忘れ物をしたと言います。実際は何か言いかけたものの口をつぐみ、実衣に促されて、やっとそのことを口にしたのですが、政所の書類を持ち込んだ大江広元が、それを取って来ると言い、単身御所へ向かいます。意外と言うか、この人物は灯りもない御所で敵と渡り合い、ドクロを手にして身を隠します。そこへ義盛たちが現れるのですが、義盛はこの期に及んで、実朝が御所にいると思ったのでしょうか。無論泰時がそのように思わせたのでしょうが。

意外と言えば北条朝時。前回、下品で嫌いとのえに言わせたこの人物は、異母兄泰時に対して直言する人物でもありました。しかし泰時が何ともだらしなく描かれています。謹慎が面白くなく、昼間から酔いつぶれている状態で、指揮官を任されても全く気乗りがせず、ついに朝時から一喝され、果ては初から桶一杯の水を浴びせられます。この辺りは三谷さんらしい展開ですね。ところで初は泰時を太郎と呼んでいるのでしょうか。『風林火山』で、結婚後も夫を平蔵と呼んでいたヒサを思い出します。

三浦義村。元々和田合戦で義盛を裏切ったことになっているのですが、こちらでは義盛が認めた裏切りでもした。しかし義時も、義村がどこまで事実を話しているのか疑わし気です。そんな義時に、俺を信じなければ死ぬと言われたことで、義時は決意を固めます。それにしてもトウがやって来たのは、何のためだったのでしょうか。

起請文の件。流石にあれに背くと神罰が下ると言うことで、義村たちは胃の中の物を吐き出すと言う作戦に出ますが、知家もすさまじいことを思いつくものです。無論あの一味神水をなかったことにするには、あれしか方法がないのも確かではありますが。

飲み物-グラスに入った黒ビール
スポンサーサイト



[ 2022/11/01 01:00 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud