fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  朝ドラ >  『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」あらすじと感想-1

『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」あらすじと感想-1

第40回「罠と罠」前半部分です。


京。後鳥羽上皇は火事で燃えた閑院内裏を立て直すべく、図面を引いていた。まこと上皇様は多才と慈円。上皇は塀に、下々の様子を窺うために穴を空けると言うが、慈円は
「誰かをのぞくということは、誰かにのぞかれるということ」
と警告する。忘れておったと笑う上皇。そして藤原兼子は、修復を鎌倉にやらせてはどうかと提案する。

実朝なら喜んで引き受けるであろうと上皇、しかし坂東武者には重い負担となるはずだった。上皇は、最近調子づいていると思われる義時に灸をすえるためにも、それを実現しようとする。

当然これは長沼宗政はじめ御家人の反発を食う。上皇様がお命じになったのだからと義盛は言い聞かせるも、八田知家は言われた仕事はこなすが坂東に限ると言い、御家人たちも同調する。時房も義時に、御家人たちが内裏の件は承服しかねていることを伝える。彼らは和田館に集まって文句を言い合い、義盛自身が不満をもつ勢力の旗頭のようになっていた。

その頃泉親衡という信濃の小県の武士が謀反を起こし、義時を殺そうと企む。しかも義盛の息子2人と甥もそれに名を連ねていたのである。特に甥の胤長が、所領に戻る途中にその親衡に声をかけられ、北条の悪口を聞かされ、結局義盛たちの息子共々仲間に入れられたのである。義盛は自分が頭を下げることで、この件を解決しようとしていた。

一方大江広元は、この泉親衡なる人物を調べても何も出てこないことから、朝廷の企みではないかと義時に伝える。上皇様は鎌倉殿がお嫌いなのかと義時は尋ねるが、広元は実朝ではなく義時であることをほのめかす。鎌倉を北条が仕切っているのが、上皇は気に入らないのである。

義盛は御所で義時に頭を下げ、加担した者への寛大な処置を求めるが、最終的にいい返事がないんだったらこっちにも覚悟があると言い出し、相撲で決めようじゃねえか、でなければ戦だと言う。その義盛に義時はいきり立ってもらっては困る、まとまる話もまとまらぬと答え、これは義盛も理解していた。しかる後に時房は、義直と義重はお咎めなしと伝える。しかし義盛は、他のやつらも何とかしてやってくれと言い出す。

大部分は無罪となるが、親衡の頼みに応じて御家人に声をかけた胤長にはそれなりの処罰が下される。義盛は息子たちを館に集める。口々に「義母上」と言う彼らに驚く巴。義盛は彼らを連れて再度御所へ行き、胤長を許すよう掛け合うつもりだった。これだけの髭面が頭をさげりゃ、小四郎だってわかってくれるはずだと義盛。そこへ朝比奈義秀が戻って来て、あまりうまくねえと伝える。義盛は胤長を助けることで頭が一杯で、胤長を一目だけでも娘に会わせてやろうとしていた。

義時はひどく煩わしさを感じていた。上総広常の時を思い出すと広元。広元は和田殿は御家人の最長老と言い、義時は、最も頼りになる者が最も恐ろしいと言う。そして消えてもらうかとつぶやく義時に、よい機会かも知れないと広元は返す。そこへ時房が大急ぎで評定の場にやって来て、無数の和田義盛が集まっていると伝える。義盛とその一族98人が胤長の赦免を求め、御所にやって来たのである。しかし胤長は陸奥へ流罪と決まっていた。

ここで沙汰を変えたら力に屈したことになり、かと言ってあれだけの人数で暴れられても困ったことになる。義時は引き取って貰おうと言う時房を制し、義盛たちの前に縄をつけられた胤長が連れて来られる。時房は放免とするわけには行かぬ、鎌倉殿も引き上げるようにとの仰せだと告げる。義盛は実朝に会いたがるが、多忙を理由に断られる。その頃当の実朝は、政子や千世と共に大根葉の葉と茎をより分けていた。実衣は歯で葉を茎から外そうとし、政子に注意される。実朝は時政から習った方法を千世に教える。

2人はお似合いだと実衣は言い、尼御台も孫の顔を見たいのではと尋ねたため実朝と千世の表情が一瞬固まる。政子は焦っても仕方ないとその場を切り抜けるが、千世は謝る。実朝は話題を変え、永福寺に花を見に行くつもりだと言う。実衣と2人きりになった政子は、跡継ぎのことを聞かれるが、養子を取ればいいと答え、のえの処理の仕方がおかしいのを見て、都育ちの割に大雑把と言う。

のえは「育ちがいいと小さいことは気にならない」と言い、鎌倉殿はなぜ側室を持たないのかと尋ねる。律儀な子だから、上皇様に申し訳が立たないと思っているのかもと政子、源氏の嫡流は皆女子好きだと思っていたとのえ。実朝は確かにその点は頼朝と違っていたが、実衣は、どっちにしても極端だと言う。のえは鎌倉殿は源氏でないとなれなのかと尋ね、御家人たちが従わないと言う政子に、義時には立派な息子が何人もいると言い、北条がなるべきと譲らず、りくを思い出すと政子は実衣に囁く。

甥の縄付きを見た義盛は屈辱感を味わっていた。義盛と会っていた三浦義村は小四郎が考えそうだと言い、力になってやってもよいと持ちかけ、いっそのこと北条を倒して俺たちの鎌倉を作ろうとも言う。義盛は満更でもなさそうだった。義村は御家人の不満がたまっており、義盛が立てば多くの者がついてくる、御所に攻め入って鎌倉殿をお救いし、小四郎の首を取る、北条ばかりが得をする世の中を俺たちが変えると言ったところで、巴が入って来て何やら義盛に耳打ちする。胤長の娘が父に会うこともかなわないまま、病で亡くなったのである。義盛の決意が固まった。

泰時は父に、なぜ義盛を追い詰めるのか、戦になると抗議するが、義時の表情を見ていてふと気が付き、はなからそのおつもりだったのですねと悟る。そして義時は泰時の時代になった際、必ず和田一門が立ちはだかる、今のうちに手を打っておくのだと言う。


義時と義盛の対立が表面化して行きます。元々この泉親衡なる人物ですが、信濃源氏で、義時を追放するべく頼家の子千住丸を鎌倉殿に擁立しようとしたと言われています。謎の多い人物で、ここでは朝廷が差し向けたという描かれ方になっていますが、義時が義盛を排除するために、またその反対に、義盛を始めとする和田一族が手を貸したとも、木曽義仲の残党が通ししたとも言われてもいるようです。ちなみに小県は、戦国期にかの真田氏の領地があった場所ですね。

そして久々に「眉毛を剃る」、義盛が最初に眉を剃ったのは、上総広常が絡んでいました。そして義盛自身が、広常と似た立場に置かれた今、再び眉を剃るなどと言い出しています。それにしても和田一族はやはりと言うか、揃いも揃って体育会系の乗りですね。相撲で決めようと言う辺りは、かの『ちむどんどん』の浜辺での角力を思い出します。

ところでこの時義時は苦笑し、義盛の顔を見ていると真面目に話しているのがばかばかしくなるとまで言っていますが、義盛もそれは重々承知しているようです。そして沙汰が下されますが、流石に胤長だけは許されることもなく流罪となっています。ちなみにこの人物は弓の名手と伝わっています。そしてこの胤長を演じた細川岳さん、『舞いあがれ!』の、なにわバードマンの玉本先輩でもあります。

実衣、口で葉と茎を分けているのが何だか汚いのですが…一方でのえのやり方も何だか適当です。それを指摘されて、「育ちがいいと小さいことは気にならない」などとすまして答えていますが、単にそれだけにはとどまらず、鎌倉殿は北条でもいいだろうなどといったことまで言い出す始末です。この辺り、北条の執権(得宗)体制を見越しているかのようです。

義盛の許を義村が訪れます。義村は和田が立てば御家人たちがついて来る、俺たちの鎌倉を作ろうなどと言っていますが、この人のことゆえどう転ぶかわかりません。この時義盛は、木をいじっていた次男坊はどこへ行ったなどと言っていますが、あの次男坊がそのままだったら、今の義盛も義村もなく、相変わらず平家の支配下にあったかも知れないわけで、義盛が出世して御家人のトップとなったと言うことは、木簡を弄っていた次男坊も、それなりの権力を手にすることを意味していました。

飲み物ーホットワインとくるみ
スポンサーサイト



[ 2022/10/25 19:00 ] 朝ドラ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud