fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  朝ドラ >  『舞いあがれ!』第3週「がんばれ!お父ちゃん」第1話

『舞いあがれ!』第3週「がんばれ!お父ちゃん」第1話

『舞いあがれ!』も3週目に入り、本編のみならずOPにもすっかり馴染んで来ました。まず第1話(第11回)です。

第1話
浩太と悠人はカレーを作っていた。悠人は味見をし、ちょっと薄いと言う。そこへばらもん凧を持った舞が、いい匂いだと言って入ってくる。座って待ってろと浩太。めぐみは炊飯器の蓋を開け、美味しそうに炊けていると言う。悠人が炊いたのだった。「お父ちゃんが炊いたら、ご飯固すぎんねんな」と悠人。

舞は自分から皿を出すと言い出し、浩太と悠人を驚かせる。やがて食事が始まり、舞もめぐみも美味しいと言うが、悠人はジャガイモがでかすぎだと言い、お前はいちいち細かいと浩太。そして舞は悠人が生まれた時、祥子が作ってくれたばらもん凧をみんなに見せる。これがばらもん凧かと浩太は感心する。

鬼を飾るのは怖いと言う悠人に、鬼ではなく、鬼に兜をかじられても逃げずに立ち向かう侍だと舞は説明する。そして舞も自分の部屋に凧を飾ろうとするが届かず、浩太にやって貰う。逃げんと立ち向かう侍か、かっこええなと言う浩太に、舞は今日初めて飛行機に乗ったことを話す。

飛行機がかっこいいと言う舞に、浩太は自分も飛行機が好きなこと、子供の頃生駒の山からグライダーが飛んでいたことを教え、見てると元気になったと言い、舞を物置に連れて行って昔のグライダーの写真や、江戸時代に飛行機の原型を考えていた国友一貫斎の本を見せる。

「そないな昔に飛行機みたいなもん考えて、作ろうとしたことがすごいと思うねん」と浩太。そして浩太は、若い頃勤めていた会社が飛行機も作っており、自分も作りたかったが、作る前に辞めたと舞に打ち明ける。そして舞に、次の日曜日に生駒山の遊園地で飛行機に乗ろうと誘う。

9月。舞は久々に貴司と東大阪の小学校に登校する。貴司は絵葉書の礼を言う。五島てきれいなとこやなと貴司、その2人の上はまた飛行機が飛んで行く。舞は体育の授業にも出られるようになった。そしてウサギ小屋に行くが、スミちゃんがいないことに気づく。そこへやって来た久留美に、スミちゃんのことを舞は尋ねるが、久留美は死んだと答える。

夏休みのひどく暑い日、久留美はスミちゃんが心配になって、家の方が涼しいからと連れて帰ったのだが、翌朝死んでいたのだった。舞は久留美がクラスの女子から声をかけられないこと、ウサギ殺しとまで言われていることに驚く。そして家に帰って来たが元気がなく、めぐみにどないしたんと訊かれ、ウサギが死んだこと、久留美が仲間外れにされていることを教える。

めぐみもそれには驚いたようだった。舞は以前熱を出した時、久留美が手紙をくれて、一緒にウサギの世話をしようと言ってくれたこと、そして本で、ウサギは自分の病気を人に隠すと読んだことを話す。めぐみはそこのことを久留美に言えば、少しは気が楽になるのではないかと言い、舞は翌日学校で話そうとするが、久留美は休みだった。

舞は久留美の持ち物がそのままになっていることから、それを持って久留美の住むアパート行くことにした。すると中から買い物に行くと言う声が聞こえ、久留美が出てくる。中には久留美の父親がいるようだったが、久留美は急いでドアを閉める。久留美は父の存在を隠したがっているようだった。その父は娘に、車気いつけやと声をかける。

久留美は歩きながら舞に、父がラグビーの選手だったが、ケガで会社を辞めたことを話す。舞は、ウサギが死んだのは久留美のせいではない、自分の病気を飼い主に隠すから、急に死ぬこともあると言う。久留美はいくらは表情が明るくなる。途中で舞は久留美と別れ、家を目指しつつ「言えた…」と満足げだった。


東大阪に帰って来て、飛行機の話からグライダーの話になり、浩太がかつて飛行機を作る会社に勤めていたことから、
さらに国友一貫斎の話へとなり、生駒の遊園地に飛行機に乗りに行こうとなります。ところでこの国友一貫斎、元々は鉄砲鍛冶の仕事の傍ら色々な物を発明し、彼が考案した飛行機は「阿鼻機流」と呼ばれています。この人は天保11(1840)年に亡くなっていますが、あと20年遅く生まれていたら、恐らく黒船や砲術関係で引く手あまただったかも知れません。

ところで元気で戻って来た舞ですが、久留美がウサギを死なせてしまったこと、そのせいで仲間外れにされ、ウサギ殺しとまで言われていることを知って愕然とします。しかし舞は、ウサギは自分が病気でも、人に知らせないことを本で読んでおり、そのことを久留美に伝えることにします。その久留美の家はアパートの一室で、しかも昼間から父親が在宅しています。怖そうな、しかし本当は娘思いのお父さんですが、久留美はその父のことを知られたくないようです。

久留美の父は元ラグビー選手でしたが、ケガで引退していました。舞からウサギは病気でも黙っている、だから久留美のせいではないと聞き、めぐみが言ったように、いくらか気が楽になったようです。ところで久留美のお父さん、佳晴ですが、実業団(社会人)ラグビーだと地元の近鉄でしょうか。この当時はトップリーグが発足の10年近く前で、しかもラグビーのプロが認められておらず、引退したら会社に残るか、退職して稼業などを手伝うかが一般的な時代でした。


飲み物-クリームとココア
スポンサーサイト



[ 2022/10/19 00:45 ] 朝ドラ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud