fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  北条氏と御家人の抗争

北条氏と御家人の抗争

まず、ここのところラグビー関連の投稿がお休みになっています。今は女子代表(サクラ・フィフティーン)のテストマッチの時期で、その結果、あるいは男子の移籍情報共々近い内に書く予定です。

それから先日の『鎌倉殿の13人』コラム関連で、実衣と朝光と琵琶についての部分で、シェークスピアの作品に、こちらは琵琶ではなく、リュートを習う場面が出て来る作品について書いています。実は『十二夜』ではなく『じゃじゃ馬ならし』でしたので、訂正しています。

その『鎌倉殿の13人』。景時が去り、比企と北条の争いが激しくなりそうです。頼家は比企の娘(若狭局、このドラマではせつ)との間に一幡という男児がいますが、正室の辻殿(ドラマではつつじ)の間にも男児が生まれます。この子が善哉、後の公暁です。さらに頼家の弟千幡(後の実朝)もいて、誰を跡継ぎと決めるかで揺れます。このうち善哉は二男ですが、正室の子です。そして千幡は北条の後ろ盾があります。そうなると、一幡の立場がどうなるか、野心家の比企能員に取っては面白くないでしょう。

ところでこの『鎌倉殿』に関しても少々。まず前回、政子が三幡の死に途方に暮れるところがありますが、この三幡、乙姫は一旦回復した後再び病状が悪化し、亡くなります。政子が気落ちしているのはそれも関係していると思われますが、肝心の三幡の闘病が描かれておらず、その点でやや物足りなさは感じます。

それと実衣と結城朝光、こちらは武将ジャパンの大河コラム関連で書いていますが、琵琶を教わっている時より、朝光が窮地に陥ってからの方が、実衣の朝光によせる思いは大きくなっているかと思われます。無論これも義村が企んだわけですから、彼女はいわば利用されたようなものであり、この点、実衣自身も景時追放に関与したようなものですが、彼女にその累が及ぶことはなく、この点では北条一門であることが幸いしているように見えます。

しかし三浦義村。何を考えているのかわからないところがありますが、その点が他の御家人たちと一線を画しており、面白くまた油断ならない人物ではあります。

あと大河コラムで触れられていた霜月騒動、実はこれが北条氏と御家人の最終構想とも言われており、それを考えると、まだ始まったばかりの北条VS御家人のバトルは、実に80年以上にわたって続いたことになります。これによって北条氏による得宗体制はより強固なものとなるわけですが、しかしこの体制もやがて滅びることになります。

しかし南北朝大河をまた観たいですね。


飲み物-ブランデーグラスのビール
スポンサーサイト



[ 2022/07/31 01:15 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud