fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  対フランス戦そしてその他のテストマッチ結果その2

対フランス戦そしてその他のテストマッチ結果その2

では、先週末に行われたフランスとの第2試合に関して。

国立競技場に、57,000人余りの観客を集めたこの試合、前日の安倍元総理逝去を受けて、日本代表選手は喪章をつけ、試合前に黙祷が行われました。

日本代表、終盤に逆転され歴史的初勝利ならず。欧州王者のフランス代表に5点差惜敗。

結果的には負けでしたが、この第2戦も観ていて面白く、しかも今度はかなりの接戦でした。特に新ハーフバックスの齊藤直人、李承信両選手は今後が期待できそうです。

他に山中亮平選手が2本のトライを挙げ、ファンデンヒーファー選手のディフェンスなども目を見張るものがありました。最終的にはデビタ・タタフ選手のトライが決まったかと思ったのですが、残念ながら、これはビデオ判定の結果ノックオンでした。

選手層も厚みを増して来ました。そして秋のヨーロッパ遠征で、日本は再びフランス代表と、トゥールーズで相まみえることになります。このトゥールーズで日本は、2007年のワールドカップでフィジーと接戦を演じています。この時のゴールキッカーが、現在解説者の大西将太郎氏です。

多くの若手が経験を積んだ今夏の日本代表。藤井ディレクター「SOに厚みができたのは収穫」

秋にやってくる南半球のチーム(NZ、豪州)とその後の遠征、いずれも強豪相手(向こうは多少メンバーを落とす可能性もあるにせよ)です。そういった相手に受けて立つべく、夏の試合には出場しなかった選手も、チームに復帰することになると思われます。

その夏の試合を見送った1人で、先日豊田スタジアムにもいたこの人が、サンゴリアスに戻って来ます。

おかえりなさい。松島幸太朗が東京サンゴリアス復帰
(記事はいずれもラグビーリパブリックより)

先週末は他にも北半球VS南半球のテストマッチが行われ、北半球勢が南半球のチームを圧倒しています。
(赤文字勝利チーム。ちなみに日本も国際ラグビーのカレンダーでは南半球扱いなので、この場合はフランスの勝利も含まれます)
アイルランド 23 ー 12 NZ
イングランド 25 - 17 豪州
ウェールズ 13 - 12 南ア
スコットランド 29 - 6 アルゼンチン
尚、アイルランドのNZでの対オールブラックス勝利と、ウェールズの南アでの対スプリングボクス勝利は、いずれも両国のテストマッチ史上初めてのことです。

ワールドカップ予選も行われています(前大会出場国は、各リーグ3位まで予選免除)。ジョージアがヨーロッパ予選1位通過、アジア予選は香港が優勝です。香港は今後出場を賭けて、アジア太平洋地域のプレイオフでトンガと対戦予定です。

飲み物-ジョッキのビール
スポンサーサイト



[ 2022/07/13 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud