fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  リーグワンへの疑問1

リーグワンへの疑問1

もう国内シーズンも終わったので、そろそろリーグワンについても書こうかなと思います。その前に、まずこの3つのサイトをご紹介しておきます。


上からラグビーリーグワン、BリーグそしてJリーグのそれぞれ公式サイトです。
アクセスして思うのですが、BリーグとJリーグはサイトの上の方に試合情報があるのに対し、リーグワンは試合の関連画像がトップに来ています。無論これはこれで1つの在り方かも知れません。しかし試合情報、あるいは動画がこの下に来ているのは、見る側に取ってはいささか不便とも言えます。
リーグワンのこのスタイルは、どこか日本ラグビーフットボール協会(以下、日本協会)、特に日本代表応援サイト(https://www.rugby-japan.jp/braveblossoms)と似ています。但し代表応援サイトの方が、試合情報なども出て来る分まだ親切とも言えます。

そもそもリーグワンの副理事長は、日本協会会長の森重隆氏であり、トップリーグ時代からそうですが、今回は社団法人であり、協会が関与するべきなのかどうかとは思います。

それから依然として企業頼みであるという点も目に付きます。実際ラグビーはお金のかかるスポーツであり、企業の投資がないとやっていけないという側面はあります。また現在ディビジョン1を中心に、ラグビー独自の事業部門を作るといった傾向はあります。ただやはり企業中心である点は否定できず、これが企業が集まる首都圏、それ以外には関西や中京圏、北部九州といった地域にクラブが集中しています。
(ちなみにリーグワン発足後は、従来の企業チームよりも独立性が高まっていることから、チームではなくクラブと呼んでいます)

しかしその結果として、クラブ名に「東京」がつくクラブが3つ(「東京ベイ」も含めると5つ)という結果になっています。JリーグやBリーグに比べると、クラブの所在が全国レベルではなくきわめて偏っており、これがやはり全国に普及させるうえではデメリットとも取れますし、発足時からこの点に疑問を呈していた人もいます。無論個々のクラブには責任はありません、これはリーグの問題です。

理想論ではありますが、本当はワールドカップで試合が行われた地域、すなわち
札幌 釜石
東京 横浜
名古屋(豊田) 大阪
神戸 福岡
大分 熊本
このすべてにクラブを持って来た方がよかったのではないでしょうか。もちろん将来的には、札幌や熊本にクラブができる可能性もありますが、こうすることで多少なりとも分散化は図れたでしょう(大分は横浜キヤノンイーグルスのセカンダリーホストエリア)。無論その場合も、首都圏や関西には複数のクラブは存在するであろうとは思いますが。

それからラグビーの場合は特に、初心者より寧ろ経験者(観戦経験者も含む)に理解しやすい、馴染みやすいといえるでしょう。冒頭で書いた公式サイトで、試合結果よりも、感動を呼び起こす試合関連画像を大々的に持って来ているのは、それも一因であるともいえます。
それに加えて、アピールの仕方がどうにも素人臭く感じられ、それが他競技に慣れた人に違和感を起こさせるのではないかとも思えます。それを端的に示しているとも取れるのが、この「LEAGUE ONEとは」のページにあるリーグアイデンティティです。


正直言ってかなりあいまいで、理想を語ってはいるのですが、この場合は、具体的にどうしたいかというのを明記するべきではないでしょうか。何よりもVISIONとMISSIONの両方で
「リーグを取り巻くすべてを、世界最高の名に相応しいクオリティに作りあげ、心躍る体験が、日常に溢れる風景を実現する」
がダブっているのですが、こういうのをチェックする人はいないのでしょうか。リーグ戦最終節の、ブラックラムズとレッドハリケーンズの試合中止で明らかになった人材不足ですが、こういったサイトの不備な点のチェックなどを考えても、もう少し多くの人を雇う必要がありそうです。

確かにリーグワンは立ち上がったばかりで、Jリーグはいうに及ばず、Bリーグと比較しても、プロチームを抱えるリーグとしての練度はまだ低いのですから、何もかもを一度に求めるのは酷でしょう。しかし、これら先行プロリーグからもう少し学ぶものはあったはずで、何よりもスポーツビジネス経験のある人物を連れて来て、設計からやらせてしかるべきでした。無論そういう人がいないわけではありませんが、その人はリーグでなく1クラブ(静岡ブルーレヴズ)の経営に携わっています。

発足から3年間が一つの区切りですが、どうもトップリーグを引きずったまま発足した感もあり、課題を残した最初のシーズンではありました。今後解決できる点は、速やかに解決してほしいものです。

飲み物-琥珀のエール
スポンサーサイト



[ 2022/06/11 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud