fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『鎌倉殿の13人』と『花燃ゆ』と末永創氏

『鎌倉殿の13人』と『花燃ゆ』と末永創氏

タイトルの話題に行く前に、先日の投稿関連の、『武将ジャパン』コラムの土肥実平と北条時連の比較に関してもう少し。コラムでは石橋山の戦いの後、土肥実平が木の実を食べているが、新世代の時連ならもっと洗練された食べ方をするといった書かれ方をしています。

これに関して私は、両者を比較するにはそれぞれの条件が違いすぎること、ならばいっそのこと、勝利しながらも追われる身となって奥州へ逃げ、農作業をしている義経の方が、まだこの時の実平と相通じるものがあると書いています。また新世代などというのも、武者さんが勝手にそう言っているにすぎません。

このコラム全てに言えることですが、比較するにしてもその対象が適切でないことがあり、正直言って日本語の表現もおかしいです。武者さんが歴史に関してどのように考えているかはともかく、不特定多数の人物に読ませる文章を、それも有料コラムに書くにはいささか不向きな人ではないでしょうか。仮にこれが炎上目的であっても、工夫がないなと思われます。朝ドラ関連でも、首をかしげたくなる表現が目につきますが、これはまた朝ドラ関連投稿で。

ところで『鎌倉殿の13人』ですが、この大河のチーフディレクターは末永創氏です。この人の名前を目にしたことがあるという方もいるでしょう。『八重の桜』、そして『花燃ゆ』の両方で演出を担当していました。

以後はあくまでも主観ですが、『鎌倉殿』で女性同士の会話(特に政子と実衣、りく)が多いというのは過去何度か書いています。それで思うのですが、女性主人公大河を手がけて来た末永氏と、この女性同士の、場合によっては女子トーク的な会話のシーンの多さとは、何か関連しているのかも知れません。

とはいうものの、女性大河の演出経験の多さ即ち女性パートの多さとは言えないようです。『花燃ゆ』は、すべて録画してディスクに入れているのですが、観返してみると、必ずしも文(美和)がおにぎりばかり作っていたり、女性だけでわいわい喋っていたりといったシーンばかりではありません。男性パートは比較的きちんと描かれているところもあります。

そのせいもあり、『おんな城主 直虎』よりも面白い所があると何度かここでも書いています。この男性パートの描写に関しても、『鎌倉殿』と相通じるものがあると言ってもいいでしょう。実際この『花燃ゆ』の蛤御門の変(禁門の変)関連回、これも末永氏の演出ですが、どこか『鎌倉殿』の戦シーンとダブるところがありました。

それから文が美和と改名して、女中として城に上がることになりますが、この時日出(ひので)という奥女中が登場します。この日出を演じていたのは、実は『鎌倉殿』で亀を演じた江口のりこさんです。

あと大河ではありませんが、『ちむどんどん』の暢子役の黒島結菜さんが、高杉晋作の妻である雅を演じています。

今になって観返してみると、確かに粗も目に付きますが、シーンによっては納得できることもあります。また長州大河のせいもあり、蛤御門の変関連の描写にかなり尺を割いています。ただどうしても実際に戦や政変に立ち会っていない主人公、あるいはその周辺の女性たちの世界観が絡むため、男性主人公の大河に比べると、迫力に欠けるのは否定できないでしょう。


飲み物-テーブル上のアイスカフェラテ
スポンサーサイト



[ 2022/06/04 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud