fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  義経、大姫そして八重のキャラ設定と描写について

義経、大姫そして八重のキャラ設定と描写について

義経のキャラ設定に関して言えば、やはり「戦の天才」となるのでしょう。ただひとつ前で書いていますが、この「天才」という評価の意味合いがある言葉より、梶原景時の「己の信じた道を行くには手を選ばぬ」という、ややダーティーな印象を与える表現の方が、私としては納得できます。

そして異なる二人が己の信じた道を行くには、どちらかがどちらかを排除する必要にもまた迫られます。頼朝が政治的手腕を発揮できたのは、義経が表舞台から去ったことと関係しているでしょう。ブレーンにもそこそこ恵まれていましたし。ただこの人物に関しては、どちらかと言えば冷たくて神経質で、プライドが高かったのではないかと思われます。

話を義経に戻しますが、この大河では鎌倉へ向かう途中、狩りをしていた男を殺して獲物を奪ったり、富士山に登ってみようとはしゃいだりで、既にこの時二十歳を越えているにも関わらず、何やら幼い印象をも受けたものです。野性児キャラにしたかったのかもしれませんが、いささか無理があったようにも見えます。「まっすぐ」キャラであれ野性児キャラであれ、やたらに大きな声で騒いだり、傍若無人に振舞ったりするだけではないでしょうし、逆に鎌倉に着いてから、義高と会話をしている時の方が自然な感じでした。

ところで義高といえば大姫ですが、彼女の描かれ方にもやや違和感があります。義高逃亡の際、大姫は父に義高を殺さないでくれと誓紙を書かせ、部屋を出て行く時に、首桶を一瞬目にしていると思われます。ですからその次の第18回で、彼女がふさぎこんでいるシーンを観て、既に大姫は義高の死を知っているのだなと思ったわけです。実際ガイドブックにもそうありましたし、政子や実衣もそう話していました。セリフでそれとわからせるのは、どうかなとは思いましたが。

しかしどう考えても、義高の死から壇ノ浦まで1年近くあるわけで、ちょっと引っ張り過ぎではないでしょうか。何か脚本に変更でもあったのでしょうか。しかも第19回で、頼朝が八重に相談らしきことをしていて、義高を殺したことを口走ってしまい、そこに大姫が居合わせるという設定になっています。ここまで大姫をちょこちょこ出すよりも、せめて第18回の時点で彼女の心の内、例えば今も義高を慕っているとか、父を許していないといったことを描けばよかったのでは。

何よりも大姫が子供らしくなく、自分の感情を抑えているようにも見えます。特に義高が姿を消した直後は、どこに行ったのと周囲に訊いたり、殺されたのではないかと尋ねたりしてもよかったかと思います。無論そういう行動を大姫自身が起こすには、義高ともっと行動を共にしておく必要があり、今後頼朝と政子にも影響を与える人物であるのに、そういう部分が省かれたのは惜しいですね。

それと八重に関して。少し前に、『麒麟がくる』の駒を思わせると書いたことがあります。無論八重は実在の人物ベースで、その生涯もいくつかの説があることから、ああいう描写もないとは言い切れませんが、何かにつけて彼女を出してくる、意見させるといったシーンが多く、その都度彼女を絡めた創作を入れる必要があり、その点に関してはどうかと思っています。

今後八重はいつまで出て来るのでしょうか、そして、義時の正室の姫の前はいつ頃登場するのでしょう。頼朝の将軍就任の頃に2人は結婚し、姫の前は朝時と重時を出産します。この人も比企氏の出で、比企の乱後は離縁し、源具親と再婚します。
(2022年5月22日一部修正)

飲み物-グラスに入ったビール
スポンサーサイト



[ 2022/05/21 01:45 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud