fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  相棒 >  『相棒』第5シーズン第4話 「せんみつ」と『青い紅玉』

『相棒』第5シーズン第4話 「せんみつ」と『青い紅玉』

まず、関東地方北部への台風の影響と水害が、東北にまで及んでいるようです。離れた土地に暮らしてはいますが、気になります。

では本編に行きます。

*************************

宝石強奪事件で12億円相当の宝石が盗まれた件が、世間を騒がせていた。その一方で、捜一の三浦が特命にやって来て、杉下にある空き巣の常習犯について調べてほしいという。

「せんみつ」、千の言葉のうち三つだけが事実、転じてうそつきの槙原という男が、奥多摩のとある別荘に侵入して、空き巣の容疑で逮捕された。しかし今回は素直に罪を認めているらしい。杉下と亀山が取り調べたところ、確かに槙原は全面的に犯行を認めたが、何か裏があるように感じられた。そもそも別荘に人がいない時期で、しかもなぜその別荘に入ったのか、あれこれ尋ねる2人。そして杉下は、本当はもっと重い罪を犯して、窃盗はその隠れ蓑ではないかと切り出すが、槙原は平然としていた。

その後、別荘を調べに行った亀山は、この事件を取材したいという美和子からの電話で、共に別荘近くの産廃場に行き、男の死体を発見する。殺されたのは、ちょうど槙原の逮捕の直前だった。今度はこの殺人事件の参考人となった槙原は、もちろんそれを否定する。槙原と同郷の三浦は、この男が以前1億円を稼ぎ、故郷で温泉を掘る計画を立てていたことを杉下に話す。

杉下は考えた、槙原が実際に人を殺していたら、なぜ別荘に侵入して空き巣を働いたりしたのか。また、産廃場からは槙原の指紋は見つからず、殺人事件とは直接関係なさそうである。ならば、宝石強奪事件との関係はどうなのだろうか。取り調べ中、杉下は三浦と組んで一芝居を打つ。まず三浦は、かかって来た携帯電話を取り、殺人容疑は晴れたと槙原にいいのこして、取調室を去って行った。わざと残された携帯を手に取って、自分の愛人の美津子に連絡を取る槙原。

実は槙原の携帯には、犯行時に何度も美津子に連絡した履歴が残されていた。槙原は、別荘地の近くにある高森酒造の、ワインのバーレルオーナーに応募しようとしていたのである。そこでは5年後の熟成を待つワインの樽の、個人オーナーを募集していた。しかしなぜ槙原はバーレルオーナーになろうとしたのか。それは、あの犯行の夜に、ある男が宝石を樽の中に入れるのを目撃したからだった。

その男こそ、宝石強奪グループの1人である本脇だった。本脇はこの酒造会社の社員だったが、素行不良で首になっており、その後強奪した宝石を独り占めしようと、ワインの樽の中にそれを隠したのだった。その樽は、個人オーナーを募っている樽の1つだった。しかしその後本脇は産廃場で殺され、槙原はそれを目撃してしまう。必死で現場から逃げ出した槙原は、敢えてセキュリティシステムのある一軒の別荘に入りこみ、警察に逮捕されることで、とりあえずは自分の身の安全を確保しようとしたのだった。

別荘で空き巣を働いて、また別荘に入る-つまり「ムショ暮らし」となれば、服役囚となり、一応身の安全も確保される。殺人グループも逮捕されるだろうし、何よりも5年経てば宝石を隠した、あの樽が手に入るのだ。そのためにも応募を急いだ槙原だった。三浦はいい加減故郷に戻って、堅気の仕事を探せと槙原を諌めるが、槙原は、これからも空き巣をやりますよと平然と返す。しかし杉下が、すかさずそれに突っ込んだ。
「ウソしか言わないなら、今の言葉もウソなんですね…」

*************************

この口八丁手八丁で、悪いことをしているけれど根っからの悪人にも見えず、空き巣狙いばかりやっている槙原と、特命の2人の掛け合い、それと珍しく?捜一の三浦の関与が結構楽しめます。何だかんだといいながらも、三浦が槙原のことを心配しているのがまたちょっといい感じです。

そして、これを観て思ったのは、ホームズの『青い紅玉(ガーネット)』の要素が採り入れられているということです。こちらは、盗品である青のガーネットを、鵞鳥に呑み込ませて、それをクリスマス用に持って帰ったまではいいものの、いざひねってみると、宝石を呑ませた鵞鳥ではないことがわかり、犯人が必死になって呑み込ませた方の鵞鳥を探そうとするわけです。一方この『相棒』は、犯人はどこに宝石があるかはわかっています、相手は生き物ではないので自分で動くこともなく、他の業者が持って行くこともありません。ただ

早く応募しないと、あの宝石の件がばれてしまう

その一心で何度も何度も愛人に電話をして、応募させようとするわけで、そのうろたえぶりが、やはりホームズの犯人といささか共通します。また、『青い紅玉』では、最後にクリスマスだからということもあり、犯人は監獄送りにされず、代わりにホームズから叩き出されますが、こちらの方では、三浦の、刑事というよりは同郷の人間としての気遣いが感じられるものとなっています。

スポンサーサイト



[ 2015/09/12 00:41 ] ドラマ 相棒 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud