fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『武将ジャパン』コラムで紹介された2つの記事に関して

『武将ジャパン』コラムで紹介された2つの記事に関して

先日2回分の投稿で触れた『武将ジャパン』の大河コラムですが、前回分の後の方で、例の佐竹攻めのシーンに映り込んだ男性のことが書かれていました。とはいっても、
「再放送で修正されたとのこと。素早い対応お疲れ様です」
とだけあります。随分あっさりしていますね。もし『青天を衝け』でこういうことがあったら、かなり批判しているのではないかと思います。

そう言えば『おんな城主 直虎』の最初の方で、戦国期ではなく今の、つまりセントレアのある東海地方の地図が誤って紹介されていましたが、その時も特にどうという感じではありませんでした。ただ『真田丸』のおむつの件も含め、武者さんの好きな大河で時々こういう、ある種の放送事故が起こっているような気がします-無論偶然ではあるでしょうが。

それから政子を演じている小池栄子さん関連で、
「小池栄子“宇宙一のメロンパイ”から大女優へ 大河「鎌倉殿の13人」で北条政子役が高評価」
という『日刊ゲンダイ』の記事がコラムにリンクされています、武者さんに言わせれば性差別的で、「古くてセンス最悪なコピー」であり、「結局のところ、小池栄子さんに敬意がないからこうなる」とまで書いています。元々小池さんはグラビアアイドルだったので、恐らくこのような表現をしたものと思われます。無論受け止め方は人様々です。

しかし、「小池栄子さんに敬意がないからこうなる」とあるのはどうでしょう。武者さんも、性差別かどうかはさておき、嫌いな大河では似たようなことをやっているのではないでしょうか。その意味で、これはブーメランのように取れます。あと山本耕史さんの肉体美に関する記事で、やはり『日刊ゲンダイ』の
『山本耕史は脱いでも凄い! 「鋼の錬金術師」で高まる“うっとりマッチョボディー”への期待』
という記事が紹介されており、これもセクハラじみているということらしいです。

武者さんに言わせれば、こんな記事で偏見を撒き散らされたらたまったものではないらしいのですが、両方をチェックした限り、概ね小池さんや山本さんに好意的で、特に山本さん関連の記事は、主に『鋼の錬金術師』実写版のアームストロング少佐役について紹介する記事です。このアームストロング少佐も山本さん同様筋肉隆々で、そのため記事タイトルもこうなっているのでしょう。さらにこの記事、最後の方で『鎌倉殿の13人』の、
「あんなジイサンでも俺の身内なんでね」
についても書かれており、そこまで変な記事だとは思いません。

しかしこのコラムでは
「性差別的でおっさん向けサービスばかりの大河はパス――若い世代がこうなったら日本の時代劇に明日はありません」と結論づけられています。ここでは時代劇となっていますが、無論大河も含めてのことでしょう。ただどうも飛躍した感は否めません。結局のところ、本当はそうでもない記事を武者さんが性差別だと言い、偏見をばら撒いていると主張しているだけのようにも見えます。
尚いずれの記事も4ページ目の最後の方で紹介されています。
https://bushoojapan.com/taiga/kamakura13/2022/03/21/167273/4

飲み物-ホットチョコレート
スポンサーサイト



[ 2022/03/26 01:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud