fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  『鎌倉殿の13人』「許されざる嘘」あらすじと感想-2

『鎌倉殿の13人』「許されざる嘘」あらすじと感想-2

『鎌倉殿の13人』関連投稿ですが、まずは『どうする家康』SPについて。

どうする松本潤?徳川家康の大冒険
(NHK ONLINE)

早くも来年の大河関連番組ですが、しかし再来年は一体…?

そしてあらすじと感想第二弾です。
まず先日も書きましたが

平家の出番が少なすぎる

鹿ケ谷の陰謀も描かれずに、後白河法皇の幽閉、そして頼朝や北条氏と平家方の敵対が出て来ても、いささか説得力を欠くのではと正直思います。そのせいか、南都焼討の描写も簡単でしたね。その反面八重の出番は多い。今のところ『八重の桜』ならぬ『八重の鎌倉』といった感じがしなくもありません。別に八重が出て来るのはいいのですが。あそこまで義時や政子を、彼女と絡めて描くべきなのでしょうか。

そして鎌倉。御所も出来上がって政子が移って来ます。この時袿の下には袴をつけず、小袖の着流しのままですね。りくはその姿を褒めるものの、頼朝が夫時政よりも広常や景時を重んじる姿勢、また政子が産むべき後継者への期待などで、今一つ面白くありません。既にこの時の彼女の怒りもまた、後の時政追放へとつながって行きそうです。

面白くない人物がもう1人います。言わずと知れた義経です。そもそも平家との戦があるから馳せ参じたにも関わらず、飢饉で兵を出せない上に、同母兄の義円が孫子の知識や和歌を披露したりするため、余計に自分の存在が霞むように見えたのでしょう。そこへ運よくというか、叔父に当たる新宮十郎行家がやって来て京へ上れと頼朝をせかします。戦ができる状況でもなく、しかも束の間の政子との時間を大事にしたい頼朝は、多忙を理由にこの叔父に会おうとしません。

そのため行家は、頼朝の弟たちを誘いますが。蒲冠者範頼から逆に誘われ、頼朝の家人になど毛頭なる気はない行家を怒らせます。しかし義円がこれを後悔したため、義経はこの兄をけしかけ、行家に従うように言いくるめます。あまつさえ、頼朝宛てにこのことをしたためた手紙を預かった義経は、その手紙を破ってしまいます。やはりこの人物は、思考回路は常人とは違うと見るべきでしょう。しかし破り捨てるのであれば、人目につかない所でやるべきでした。この辺は脇が甘いといえます。

ちなみに、この破った手紙を元通りにするというのに、かの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクへの手紙を連想してしまうのですが、似たようなシーンが三谷さんの人形劇にも登場します。パペットホームズの踊る人形が出て来る回で、べインズから渡された、人形文字の解読の仕方が記された紙をホームズは破ってしまいます。しかしこの回のラストシーンで、それが元通りにつなぎ合わされていることから、あるいはこれをヒントにしたとも考えられます。

結局この手紙の件で頼朝に叱られるものの、未だ男児がおらず、しかも、義経の武人としての才能を見込んでいた頼朝は語調を和らげ、お前を後継者にとも考えているとも言います。無論頼家が後に誕生するため、これは実現しませんでしたが、これに似た例として、豊臣秀次と秀頼の関係があります。関白となったものの、思いがけず秀頼が生まれたため、秀次は関白の座を追われ、叔父である秀吉は疑心暗鬼にかられます。

無論義経は秀次と立場が違いますが、こう言われて悪い気はしません。しかしその後、男児が生まれるための祈祷を全成が行っているのを見て、複雑な表情をします。つまり彼の場合、実の兄のうち1人の存在が面白くなく、行家に同行させてしまうのですが、もう1人の実兄である全成は、自分が異母兄の後継者となる道を、いわば遠ざけることをしているわけで、どうにも複雑な心境にならざるを得ないでしょう。ちなみにこの義円は、『吾妻鏡』では鎌倉入りはしていません。

その後政子が懐妊し、男児を望む頼朝は、全成の意見を容れて徳を積むべく、伊東祐親・祐清父子の恩赦を行います。しかし赦されるはずだったこの父子は、かの善児によって落命します。清盛退場回は、祐親退場回でもあったわけです。

それにしてもオリキャラとはいえ、実に絶妙なタイミングで現れるこの善児ですが、祐親はこの男を使って、頼朝や北条時政を殺めようとは考えなかったのでしょうか。尚『吾妻鏡』では、祐親はこの助命をよしとせず、自刃したことになっています。祐清はその後で亡くなったとされています。

しかし、直に千鶴丸を手に掛けたこの善児がまだ生きているため、生まれる子は命が短いと全成。景時の家人になった善児ですが、さて、今後の彼の運命や如何に。何せこの人の運命が、次の鎌倉殿の運命にも関わっているのですから。

ところで今回の『武将ジャパン』関連コラム、ざっと見たところ、範頼が義経の「半兄」となっています。父親が違う兄のことを競走馬ではこういいますが、この場合だと母親が違うわけだから「半兄」とはなりませんね。そもそもこの言葉、人間の場合も使うのでしょうか-せめて「異母兄」「腹違いの兄」ではないかと思うのですが。
(2022年3月23日一部修正)

飲み物-トディ
スポンサーサイト



[ 2022/03/23 01:15 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud