fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  『鎌倉殿の13人』「決戦前夜」あらすじと感想-2

『鎌倉殿の13人』「決戦前夜」あらすじと感想-2

まず、先日投稿の「あらすじと感想-1」、誤変換その他勘違いと思われる箇所がいくつかあったので、訂正しています。失礼いたしました。

改めて第9回ですが、少し前に書いたかと思いますが、平家の描写があまり出てこないので、なぜ平家を倒したいのかが、今一つよくわからないと言う人もいるかも知れません。鹿ケ谷の陰謀も出て来ませんでしたし。確かに『吾妻鏡』は鎌倉幕府の創設の史料にはなりますが、少なくとも今は平家に反旗を翻している段階なので、もう少し平家方の思惑も描いてほしいところです。

それから全成が、義経に会いもせずに追い返してしまうシーンですが、あれはどうかなと思います。この時義経に会って、兄弟の証となる物があるかどうか、訊いてみるという方法もあったかと。で、最後のシーンでやっと頼朝に会って、なぜかまず顔が似ていると言い(似ていませんが)、その後で思い出したように御館の文を取り出して、やっと弟であると認めて貰えたわけです。しかし顔がどうこう、そして涙、涙と、ちょっとこの人はコミュニケーションに難ありでしょうか。しかし御館といえば、やはり『炎立つ』を思い出しますね。

時政の妻のりく。伊豆山権現では祈祷をしていましたが、またも現実的な彼女に戻ったようです。この彼女の性格が、今後様々な形で、北条家に影響して行くのでしょうか。お産も間近なようですね。一方で八重の描き方ですが、どうも賛否両論あるようです。確かに泰時の母は義時の正室ではないとされており、その母が八重であっても問題はないはずですが、彼女のキャラが少々きつくないかという見方もあるようです。しかし八重さん八重さんと言われると、『八重の桜』を連想してしまいます。

富士川での時政と義澄の会話、そしてコント?シーン。2人のオヤジ(失礼)の他愛ない話と悪ふざけ、子供時代に戻ったような気持ちなのかも知れませんが、しかし結局、あれが結局追討軍を追い払う一因となったようです。そもそも三谷大河に言えることですが、合戦シーンより、それに至るまでの会話のシーンの方が面白いと言うか、三谷さんが本領を発揮しているのは間違いないでしょう。武田信義と義時の会話しかりです。

ところで善児、オリキャラゆえどこへでも動かせますが、どこへ消えたのでしょうか。また、意外なところで出て来るのでしょう。

黄瀬川の陣、頼朝と盛長は酒席に招待されます。しかし義時は信義に「お前の分はないよ」とあっさり言われ、酒宴が終わるのを待つことになりますが、ここの部分、三谷さんつながりということもあり、パペットホームズのあるシーンを思い出します。寄宿学校ビートン校の生徒であるホームズは、友人で生活委員のレストレードと、校内に貼られた踊る人形の文字を解読しようとしており、その時ホームズの「弟子」(実際にはブラックジャックとピノコのような関係)アガサが、寮母のハドソン夫人が、ローズマリーのお茶を淹れてくれたとホームズに知らせに来るのですが、レストレードの方は、「アンタのはないよ」と、実にすげなく言われてしまうのですね。

飲み物-白いカップの紅茶
スポンサーサイト



[ 2022/03/10 00:30 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud