fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ビディリ氏の訃報と今後のラグビーワールドカップ開催地

ビディリ氏の訃報と今後のラグビーワールドカップ開催地

実はまたラグビー関連で訃報です。

トゥイガマラ氏に続き、やはり元オールブラックスのジョエリ・ビディリ氏も先日亡くなったとのこと。以前、ラガーマンは早死にするとネット上で目にしたことがあります。無論80代を過ぎてもまだお元気なOBの方もいるのですが、確かに前出両氏に加え、元オールブラックスのジョナ・ロム―氏、元スプリングボクスのユースト・ファン・デル・ヴエストハイゼン氏、元フランス代表のクリストフ・ドミニシ氏、そして元日本代表で監督も務めた平尾誠二氏など、いずれも40代から50代で世を去っています。なまじ彼らの活躍を目の当たりにして来ただけに、何ともやりきれない気分です。

それから今後のワールドカップ開催地についてです。
2019年の日本大会と2020年(実際は2021年)の東京オリンピック、2023年のフランス大会と2024年のパリオリンピックのように、ここのところ夏季五輪と連動しているかのようなラグビーワールドカップですが、ここに来て多少その傾向が変わりつつあります。

フランス大会の次、2027年大会は豪州が有力視されています。そして2031年大会はアメリカが候補に上がっています。本来ならば2027年アメリカ大会と、2029年ロス五輪となるはずだったのでしょうけどね。そして2032年オリンピックはブリスベンですから、ここに来て夏季五輪開催地とラグビーワールドカップの開催予定地が、ちょうど逆になっています。

2027年W杯開催地はオーストラリアが最優先候補 2031年大会はアメリカが有力に
(ラグビーリパブリック)

アメリカは競技場(アメフト、サッカーのグラウンド)は揃っているものの、国内でのラグビー人気が今一つなだけに、ワールドラグビーも慎重になっている感があります。だからこそ2023年の大会で上位相手に勝利すれば、かなりの起爆剤となりそうです。

飲み物-ギネススタウト
スポンサーサイト



[ 2022/02/27 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud