fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  鎌倉殿の13人 >  『鎌倉殿の13人』「敵か、あるいは」あらすじと感想-2

『鎌倉殿の13人』「敵か、あるいは」あらすじと感想-2

引き続き、『鎌倉殿の13人』第7回の感想です。

まず思うのですが、義時があちこちに出没しています。和田義盛は実際に上総広常の館に足を運んではいますが、義時は行かなったとされています-無論この場合、主人公だということもあるにはありますが、場合によっては義時を、敢えて出さないという選択肢もあっていいかと思います。それに加えてもちろん頼朝も出て来るし、政子も八重も出て来る。そして、それぞれのパートで会話劇が繰り広げられているため、やはりちょっとごちゃごちゃした印象があります。

それと伊豆山権現のシーンと八重のシーン、この2つは入れるべきだったのでしょうか。伊豆山権現の全成の秘技?のシーンは、如何にも三谷流コントですし、ああいう形で全成を登場させなくてもよかったかとも思います。このへんがやはり舞台的なのでしょうか。それと新納さん、坊主頭のせいか『風雲児たち』の杉田玄白を思い出します。あと僧兵がちょっと貫禄なさすぎです。また八重のシーンも、何かの伏線となるのかも知れませんが、つまるところ、鶴丸を殺したのは父祐親である、そのことの再確認といった感じです。

ところで幻でない後白河法皇と、久々の清盛の対面ですが、福原遷都関連をもう少し描いてほしいとは思います。それにしても清盛、院宣の件を薄々気づいているのではないでしょうか。一方坂東武者での千葉常胤、当時としては高齢なのでしょうが、平家方の下総の目代の首を取ったのは、頼朝への忠誠心の証でしょう。無論頼朝もこの人の兵力が欲しかったのですが。

それから時政が再び甲斐に向かいます。確か信義から、頼朝への院宣を持って来てくれと頼まれていたはずなのですが、結局あの件はどうなったのでしょうね。それから亀の夫が押し掛けて来ます。実は頼朝が亀といい仲になったため、政子が亀の家を奇襲させるのですが、この夫がやってくるというのはそれの伏線でしょうか。

しかしこのこの大河、どう見ても
平清盛
藤原秀衡
上総広常
の3名に貫録があり過ぎるように思います。
一方で頼朝には今のところ、まだそこまでの貫禄はついていませんが、実際の頼朝も、あるいはこのような感じだったのかもしれません。特に2010年代以降、大河ドラマの人物はヒーロー然とした描き方ではなくなっていますし。

そういえば先日の「貰えるものは病気以外貰っておけ」、確かこれも大泉さん演じる信幸が官職を貰うものの、何となく違和感をおぼえている時に、昌幸がかけた言葉でした。ちなみにこの官職名は「伊豆守」でした。今回大泉さんが頼朝を演じるのは、このせいもあったのでしょうか。

飲み物-ホットビール
スポンサーサイト



[ 2022/02/24 00:15 ] 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud