fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ番外編36-高杉晋作と肺結核

花燃ゆ番外編36-高杉晋作と肺結核

高杉晋作が肺結核(労咳)であったことは有名です。元々この人物は風邪を引きやすく、腺病質であったともいわれています。またこの時代は、かの新選組の沖田総司も同じ病気であったため、敵同士ではあるものの、ついついこの2人を比較する、あるいはダブらせて見ている人もいるかもしれません。この当時、そしてその後もかなりの間、肺結核は致命的な病気とされ、特効薬はありませんでした。従って、幕末物で高杉が吐血した時は、どの作品であっても、表情がこわばったようになっています。長州軍の指揮官として、今まさに幕府を倒さんとしている時のこの病気は、本人に取っても辛いものだったでしょう。

ちなみに結核菌がロベルト・コッホによって発見されたのは、1882年で、これから16年後のことです。ワクチン(ツベルクリン)ができたのはその8年後ですが、これは治療よりも検査用として用いられるようになりました。いずれにしても、幕末の日本にはまだワクチンさえもなく、それ以前に、細菌学がそこまで発達していませんでした。元々結核は初期症状だけで自然に治癒することが多いのですが、何か他に病気を持っているとかで、免疫力が下がっている場合には、次の段階へと進み、血痰や喀血が起こるようになります。

『花神』の高杉の場合は、小倉城攻めの際にまず発熱、その後吐血でした。小倉城陥落後は一線を退き、おうのと共に、下関の桜山で療養生活に入ります。この時、奇兵隊兵士の墓参も行っています。一方『龍馬伝』の高杉は、洋行を企ててグラバー邸の屋根裏に匿われ、そこを訪れた竜馬と話している時にひどく咳き込みます。また、その後馬関に戻って、幕府軍との戦いの準備を進めている段階で喀血します。その後も戦地に赴きはしたものの、やはりこの小倉攻めが最後の戦場となりました。こう見ると、慶応2年、1866年の春から夏ごろに発病となっています。

そして『花燃ゆ』の高杉ですが、伊藤俊輔と話している時に咳き込み、いきなり吐血します。本当は発熱とか空咳とか、もう少しそれらしい前振りがあってほしかったです。そして、軍艦に乗っている時に喀血するわけですが、これも少し前に書いたように、ちょっと銃弾が当たって血を噴き出した風なのが残念です。この戦いが終わった後喀血という演出の方が、メリハリをつける意味でよかったように思えますが…。しかし、九州上陸後の戦い、高杉の最後の晴れ舞台であるだけに、もう少し詳しく描いてほしかったですね。

ちなみに『花神』の中村雅俊さん、『龍馬伝』の伊勢谷友介さん、そして『花燃ゆ』の高良健吾さんのうち、東行と称して出家した後の短髪を、自毛でやっているのは恐らく伊勢谷さんだけかと思われます。やはり自毛だと自然な感じがします。この『龍馬伝』の高杉は、着流し姿が多いのも特徴でした。戦地においてさえ、着流しの裾をからげた格好でしたから。ただ、ある程度背の高い人が着流しなのは、帯の位置が比較的高めでなかなか格好がいい物ではあります。

この慶応2年の夏に吐血した高杉は、翌年の4月に世を去ります。その半年後、大政奉還が行われて幕藩体制が終焉の時を迎えます。その後の長州の軍事は大村益次郎に受け継がれ、伊藤や井上、そして山県が、その後の処理をして行く形になります。高杉がもし維新後も生きていたら、どうなっていたか。恐らくは成し遂げたことがあまりに大きすぎて、意外と維新後は目立たない存在になっていたのではと思われます。これは、坂本龍馬にもいえることでしょう。実際、維新後も生き延びた西郷隆盛が、結局は下野して西南の役を起こしたのを見ても、ある種の大志を持った人物は、新政府という器からとかくはみ出しがちで、衝突を繰り返していた可能性もあります。

画像


スポンサーサイト



[ 2015/09/04 00:37 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud