FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  古畑任三郎 >  推理と科学/Reasoning and science

推理と科学/Reasoning and science

昨日の「古畑中学生2」の、「ありえないものをすべて取り除けば、残った物が如何にありえないものでも真実」ですが、これはワトソンが「バスカーヴィル君と犬の冒険」で使っています。一方、ホームズは「愉快な四人組の冒険」で、「ありえないものをすべて取り除けば、残った物が真実」と言っています。これも『古畑中学生』で、主人公の古畑ではなく、科学の野々山先生が使っています。野々山先生は推理も科学も同じだと言っているわけです。ホームズの推理の方法を示唆しています。

The words "When you have eliminated the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth." in the article "Furuhata Chugakusei 2″is used in "The Adventure of Henry Baskerville and a Dog" by Watson. And in "The Adventure of the Cheerful Four",Holmes says "When you have eliminated the impossible, whatever remains must be the truth." that is used in "Furuhata Chugakusei" also but not by Furuhata, the main character of the drama but by Nonoyama, teacher of science. he also says that there is no difference between reasoning and science. It suggests the deduction style of Sherlock Holmes.
スポンサーサイト



[ 2015/02/12 23:42 ] ドラマ 古畑任三郎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud