fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  今後の大河の時代設定に関して思うこと

今後の大河の時代設定に関して思うこと

先日の投稿分で、思い切って大河の主人公をゲイ設定にするとか、あるいは今まで採り上げたことのない時代で、創作を多く入れて作るのはどうかと書いています。無論、今現在大河の視聴者の多くは高齢者と思われ、その高齢者の反発があることも予想されますが、新時代を謳うのであれば、そのくらいやってもいいでしょう。

しかし、今まで採り上げたことのない時代と一口に言っても、なかなか難しいものがあります。というのも、律令制の時代、つまりまだ武士が登場していない時代は、やはり大河に馴染まないからです。

今まで最古の時代設定は、『炎立つ』で、坂上田村麻呂が登場した平安時代前期であることを考えると、何らかの形で武士が出てこない大河というのは、やはりそれらしさを欠くようです。その意味では近代も馴染みにくいものがあります。特にこちらはオリキャラを中心にしない限り、創作を入れにくいというデメリットもありますので。

今のところ、考えられるのはやはり南北朝、あるいは最近ご無沙汰になっている、江戸時代前期から中期となるでしょう。南北朝の場合、「逃げ上手の若君」北条時行をメインに、中先代の乱を描いてもいいけれど、これだと2クール程度になると思います。それ以外では、前に足利尊氏をやっていますから、今度は楠木正成、新田義貞といった人物を中心に、滅びゆく南朝を描くことになるでしょうか。

そして江戸時代前期。この時代を描くとしたら、武断政治から文治政治への移行、一方で由井正雪をはじめとする浪人たちの不満、赤穂事件そして徳川吉宗による政治までを描くことになるでしょう。

過去に赤穂事件のみ、または徳川吉宗のみが描かれたことがありますが、家光の頃から話を始めて行けば、1年物にふさわしいだけの内容となりそうです。徳川綱吉も、最新の研究をもっと入れていいでしょう。

それから戦国黎明期があります。『麒麟がくる』で、脚本の池端俊策氏がこの表現を使っていたことがありますが、天文年間は戦国時代の黎明期というより、鉄砲を合戦に用いるようになった、その黎明期でしょうね。

ここで、やはり『花の乱』以降遠ざかっていた応仁の乱を復活させ、その後の戦国時代へとつなげて行きます。伊勢新九郎もさることながら、なぜか今まで大河の主役となっていない今川氏を、もう少し前面に出してほしいものです。

ところで、海外で大河的作品は可能でしょうか。例としてアメリカとイギリスを挙げてみます。アメリカは入植以来の歴史はそう長くないので、植民地時代や独立戦争、リンカーンの一代記、南北戦争、あるいは西部開拓などでしょうが、1年枠よりシーズン制で、多分に「今の」視点で描かれることになるでしょう。

イギリスの場合は歴史はそこそこ長いにせよ、歴史上の人物はシェークスピア作品などで採り上げられていることが多く、こちらの放送形態もシーズン制または不定期放送となりそうです。いずれも日本のように、1年である人物とその時代を描き、翌年は全く別の時代、別の人物をまた1年枠で描くケースは、珍しいといえるかも知れません。

飲み物-ホットワイン2
スポンサーサイト



[ 2021/12/13 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud