fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  2021テストマッチ4-スコットランド戦、今後の課題とワールドカップ予選

2021テストマッチ4-スコットランド戦、今後の課題とワールドカップ予選

ラグビー関連情報です。記事は、いずれもラグビーリパブリックのものです。

まず先週末のスコットランド戦、日本は29-20で惜敗です。とはいえ、トライを1本しか取れておらず、後は松田力也選手の足で稼いだようなものではありますが。試合そのものは豪州戦といくらか共通するものがあり、アイルランド戦のように畳みかけられるものではなかったけれど、結局強豪相手に、アウェイでは勝てなかったと結論づけられるでしょう。

日本代表、マレーフィールドで惜敗。スコットランド代表がW杯の雪辱を果たす。

敵将も認めた日本代表の奮闘 マレーフィールドで学びはあった

そして日本代表の中から、
中村亮土
垣永真之介
堀越康介
小瀧尚弘
の4選手がバーバリアンズに選ばれ、今週末ロンドン・トゥイッケナムで行われる、サモアとの試合に出場することになりました。従ってこの4選手は、今もヨーロッパに留まっています。
このバーバリアンズは「クラブハウスを持たないチーム」で、これに選ばれるのは、名誉なこととされています。その時々で各国代表の中からメンバーが選ばれますが、代表キャップを持たない選手を1人加える習慣があります。國代表あるいは選抜のチームと試合をすることが多く、白黒の段柄ジャージーをまとい、ソックスは、所属チームのものを履くことになっています。

伝統あるバーバリアンズに中村亮土、垣永真之介、堀越康介、小瀧尚弘が選出!

さてリーグワンの開幕まで、あと1か月ちょっととなりました。しかし日本代表のディレクター、藤井雄一郎氏は、リーグワン以外でも選手たちに経験を積ませたいと発言しています。

スーパーラグビーでのプレイの機会がなくなり、今後どのような形で、海外勢との試合経験を積ませるかが、まだはっきりしていません。2022年の夏は、強豪の来日の可能性が高いのですが、藤井氏はそれとは別に、若手中心でティア2やアジアのチームとの試合も考えているようです。

日本代表の藤井ディレクターは選手層に危機感 「リーグワン以外でも経験させてやる場が必要」

それから少し前になりますが、ワールドカップ予選も各地で行われています。アメリカ地区では、南米のチームが北米チームを「食う」波乱が続いており、日本同様、非強豪国で第1回から出場を続けていたカナダはチリに負け、今回初めてワールドカップへの道を断たれました。このカナダ、1991年大会ではベスト8に進んでいますし、何と言っても、台風で試合が中止になった一昨年のワールドカップで、釜石の人々のボランティアをしていた様子が忘れられません。また戻って来てほしいものです。

そしてアメリカも、ウルグアイに黒星を喫して、チリとアメリカ2位の座をかけて争うことになります。勝敗の行方は何ともいえませんが、これでアメリカが負けるようだと、2027年のワールドカップ開催の可能性は遠のくでしょう。実際、2027年は豪州が名乗りを上げているようです。

ウルグアイがアメリカを下し2023W杯出場権獲得 カナダはチリに屈し史上初の予選敗退

飲み物-パブのビール1

スポンサーサイト



[ 2021/11/25 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud